• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

早うま!かんたんベジレシピ(食材別レシピ一覧)

レシピ一覧

アスパラガス

穂先が紫色で閉じていて、茎が太く濃い緑色のものが鮮度が高い印です。保存する場合には、キッチンペーパーを水で濡らしてアスパラガスに巻き、冷蔵庫に立てて保存しましょう。

いんげん

全体の緑色が鮮やかなもの、ツルのきれいなものを選びましょう。ラップで包むかポリ袋に入れて、野菜室で保存しましょう。本来は低温に弱く、日持ちはしませんので、早めに食べましょう。

おかひじき

鮮やかな緑色が濃く、つやのあるものを選びましょう。乾燥すると食感が悪くなるので、ポリ袋や保存用の袋に入れて野菜室で保存し、早めに食べましょう。

オクラ

オクラはなるべく緑色が濃く、鮮やかなものを選びましょう。大きく育ちすぎたものは苦味がでるので、小さめで柔らかい弾力のあるものがおすすめです。ポリ袋に入れてから野菜室で保存し、3日から4日を目安に使用しましょう。

海藻

ワカメ、ひじき、のりなどが海藻の仲間です。生ワカメはつやがあって弾力性に富んでいるものを選びましょう。いたみやすいので早めに食べ切りましょう。

カット野菜

コンビニやスーパーで手に入り、包丁いらずでそのまま使えるため、とても便利なアイテムです。

かぶ

かぶは葉先がみずみずしい緑色のものが新鮮で、根が真っ白いものが柔らかく、黄ばんでいるものはかたくなっている場合があります。すぐに葉と根を切り分け、別々にポリ袋に入れて野菜室に保存しましょう。葉は日持ちしないので、1日から2日で使いましょう。

かぼちゃ

かたくてずっしり重いものが完熟しているかぼちゃです。カットしたかぼちゃは種とわたをとって、ラップに包んで冷蔵庫で保管しましょう。

カリフラワー

乳白色のものが新鮮です。花蕾が詰まっているものを選びましょう。開いているものは育ちすぎです。ポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。日持ちしないので、2日から3日で使いましょう。

きのこ

きのこ類は保存がきかないので、購入したらすぐに使用しましょう。

キャベツ

春キャベツは大きさの割に軽いものを、冬の寒玉キャベツはずっしり重みのあるものを選びましょう。丸ごと一個ならポリ袋に入れて野菜室で保存し、外側からはがして使用しましょう。芯をくり抜き、湿らせたキッチンペーパーをくり抜いた部分に入れると、長持ちします。

 

 

 

きゅうり

きゅうりはイボが鋭くたっているほど新鮮です。とれたてほどおいしいので、買いだめせず、その日に食べる分だけ買うのがおすすめです。また、先端に花がついているものも新鮮です。ポリ袋に入れて、野菜室で立てて保存しましょう。

コーン(缶詰)

スイートコーンの缶詰は、収穫してすぐに加工されるので甘みが残っています。

ゴーヤ

表面のイボイボが硬いものほど鮮度が高くなります。ゴーヤは種の部分からいたむので、ワタと種をとり、ラップに包んで野菜室で保存しましょう。

ごぼう

泥がこびりついていないものを選びましょう。細いものの方がおいしいです。しなびやすいので、購入したら洗わずにそのまま新聞紙に包み、涼しい場所で保存しましょう。

こまつな

軸が太いもの、葉が厚いものを選びましょう。ポリ袋に入れて、冷蔵庫で立てて保存しましょう。

しゅんぎく

葉が太いもの(幅広)を選びましょう。傷みやすいので、なるべく早めに使用しましょう。保存するときは、ラップに包むかポリ袋に入れて、涼しいところに立てて保存しましょう。

ズッキーニ

外見がきゅうりと似ていますが、実はかぼちゃの一種。皮につやがあって太さが均等なものを選ぶと良いです。

スナップエンドウ

豆が熟してもさやが柔らかいので、さやごと食べられるのが特徴です。甘みがあり、シャキシャキした食感が楽しめます。

セロリ

葉の緑色が鮮やかで、茎が白くて太く、きれいなものを選びましょう。葉と茎を切り分け、それぞれラップに包むかポリ袋に入れて、野菜室で保存しましょう。

だいこん

葉のきれいなものが鮮度のよいものです。秋冬の大根は太いものを選びましょう。夏は新聞紙にくるんで野菜室で、冬場は常温で保存しましょう。

タケノコ

おいしいタケノコを選ぶポイントは、穂先が黄色っぽくて、ずんぐりと太く短いもの。鮮度が命の食材なので、早めに食べるようにしましょう。

たまねぎ

頭の部分を押して、しっかりしたものを選びましょう。日の当たらない、風通しのよいところで保存しましょう。新玉ねぎは保存がききませんので、なるべく早めに食べましょう。

チンゲン菜

茎の下部にハリがあり、肉厚でツヤのあるものを選びましょう。しめらせた新聞紙に包むかラップをして、立てて冷蔵庫で保存すると日持ちします。

豆苗(トウミョウ)

豆苗は、えんどう豆の発芽したての若芽、いわゆるスプラウトです。葉の色が濃い緑色で、根つきのものの方が日持ちします。冷蔵庫で立てて保存しましょう。

トマト

6月から9月が露地物の旬です。全体が真っ赤でよく熟れていて、ずっしりと重く丸いトマトがみずみずしくておいしいトマトです。新鮮でかためのトマトは涼しい場所で、完熟トマトはポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。

なす

皮につやがあり、トゲがピンととがっているのが新鮮な印です。色の濃淡は品種によって違うので、色では選ばないようにしましょう。冷気と乾燥が苦手なので、新聞紙等に包み、涼しい場所で保存しましょう。

なばな(菜の花)

つぼみが小さいもの、茎が太いものを選びましょう。保存のきかない野菜なので、早めに食べましょう。

にら

長さが短いもの(20センチから25センチ)を選びましょう。幅広のものが柔らかくておいしいです。乾燥しないようにポリ袋に入れ、野菜室で立てて保存しましょう。

にんじん

葉の部分の切り口断面が小さいものを選びましょう。冬なら常温、夏場は野菜室で保存しましょう。

ねぎ

身がしまっていて、葉先がきれいなものを選びましょう。保存するときは、白い部分と緑色の部分を切り離してから、冷蔵庫に入れましょう。

はくさい

背丈が低く、芯の部分が肉厚で、ずんぐりと太っているものが甘みのある白菜です。カットされたものは鮮度が落ちやすいので、1玉丸ごと購入し、必要な分だけはがして食べると鮮度が保てます。カットされた白菜は、日が経つと切り口が盛り上がってくるので、断面が平らなものを選びましょう。

パプリカ

パプリカは肉厚で甘みがあるのが特徴です。しなびるのが早いので、購入したら早めに食べましょう。

ピーマン

ピーマンは腹の部分を軽く押してみて、弾力のあるものを選びましょう。冷蔵庫に入れておけば、1週間位は保存可能です。

ブロッコリー

ブロッコリーは濃い緑色のものが新鮮です。小さいつぼみがぎっしりつまり、丸くかたく盛り上がっているものを選びましょう。ポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。

ほうれんそう

太くて赤い茎ほど新鮮で甘く、背丈は20センチほどの短いものの方が、栄養をぎゅっと詰め込んでいます。湿らせた新聞紙で包み、冷蔵庫で立てて保存すると鮮度が保てます。

みずな

葉の幅が広く、白い茎の部分が真っ白いものを選びましょう。いたみやすいので、新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫で立てて保存しましょう。

ミックスベジタブル

野菜が足りない時にとても便利な食材です。彩りもきれいなので、いろいろな料理に使えます。

みつば

みつばは香りが強く緑色が鮮やかで、茎の白い部分が変色していないものを選びましょう。日持ちしないので、早めに食べましょう。

もやし

太さがあり、全体が白く、はりのあるものを選びましょう。購入したらすぐに冷蔵庫に入れましょう。

冷凍野菜

冷凍野菜は洗ったり切ったりする手間がなく、使いたい分だけ使えるのでとても便利です。

 

 

レタス

レタスは持ってみて軽いもの、切り口がなるべく小さいものを選びましょう。ずっしりと重いレタスは育ちすぎで、苦味が増している場合があります。芯をくり抜き、冷蔵庫で保存しましょう。

れんこん

一節一節がふっくらしていて、丸みがあるものを選びましょう。変色していないことも大切です。カットしたものはラップに包んで、野菜室で保存しましょう。

わけぎ

葉先までピンととがった、鮮やかな緑色のものを選びましょう。濡れた新聞紙に包んでからポリ袋に入れ、野菜室で保存しましょう。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

衛生部こころとからだの健康づくり課健康づくり係

電話番号:03-3880-5433

ファクス:03-3880-5602

Eメール:kenkou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?