ホーム > 重要なお知らせ > 新型コロナウイルス感染症関連の区の対策・対応(8月掲載分)

ここから本文です。

公開日:2020年9月16日 更新日:2020年9月16日

新型コロナウイルス感染症関連の区の対策・対応(8月掲載分)

新型コロナウイルス感染症にかかる区の対策・対応等の8月掲載分です。

8月27日(木曜日)

1 「区内における感染状況」について

8月26日(水曜日)午前9時現在

  • 区内陽性者数
    833名(うち35名は区外1病院内感染に関連する陽性者)
  • 区内死亡者数
    25名(うち10名は区外1病院内感染に関連する死亡者)
  • 回復者数
    674名

区内の感染状況の詳細については、以下のリンクをご覧ください。
区内におけるPCR検査件数等の推移(8月18日現在)

2 人口10万人あたりの患者発生数ホームページ掲載について

【8月28日追記】
詳細調整中につき、8月31日以降に区ホームページに掲載する。

 

区内での新型コロナウイルス感染症の発生状況について、新たに「人口10万人あたりの患者発生数」を8月28日(金曜日)より区ホームページに掲載する。

3 足立区帰国者・接触者電話相談センターの体制強化について

電話相談体制を拡充し、9月14日(月曜日)から最大17名体制(現行大10名体制)とし、対応可能な電話回線数についても14回線とする。

4 サーモグラフィの設置について

来庁者・来館者に自主的な検温、自主的な退庁を促すため、令和2年8月27日(木曜日)から順次AIサーモグラフィカメラの運用開始する。

  • 設置場所
    本庁舎、ギャラクシティ、シアター1010、Lソフィア、竹の塚センター、学びピア21、総合スポーツセンター、東京芸術センター、生物園

5 本庁舎エレベーターにおける会話自粛サインの表示について

8月27日(木曜日)より、区役所本庁舎及び区関係施設のエレベーター内に以下の表示を行う。

エレベーターマーク1   エレベーターマーク2

8月3日(月曜日)

1 「区内における感染状況」について

8月2日(日曜日)現在

  • 区内陽性者数
    586名(うち35名は区外1病院内感染に関連する陽性者)
  • 区内死亡者数
    20名(うち10名は区外1病院内感染に関連する死亡者)

区内の感染状況の詳細については、以下のリンクをご覧ください。
区内におけるPCR検査件数等の推移(7月28日現在)

2 PCR検査スポットについて

足立区竹の塚一丁目エリアにおける接待を伴う飲食店の従業員のうち、濃厚接触者に該当しない無症状の方を対象にPCR検査を実施するため、足立区医師会への委託により「足立区PCR検査スポット」を開設した。

(1)開設日時
8月1日(土曜日)午後、8月2日(日曜日)午前・午後

※8月8日(土曜日)午後、8月9日(日曜日)午前・午後も実施予定

※ 開設場所は非公表

(2)検査方法
唾液採取による

(3)実施結果
2日間で計125件の検査を実施した。

  • 8月1日(土曜日)午後:44件 ⇒ すべて陰性
  • 8月2日(日曜日)午前:44件 ⇒ 陽性者1名
  • 8月2日(日曜日)午後:37件 ⇒ すべて陰性   

3 本庁舎内のエレベーターの運用について

(1)エレベーター内の表示物について
ア 足元の表示
(ア)1基につき定員の2分の1程度の乗車位置表示を実施する。
※ 南館エレベーターは9名、北館エレベーターは4名
(イ)足元にマークを表示する。
(ウ)適用は8時30分から17時15分までとする。
イ 「エレベーター内での会話はご遠慮ください」の表示
エレベーター内での会話の自粛を要請するため、各エレベーター内に表示する。

(2)職員、派遣職員、委託事業者等の利用について
ア 朝夕の登庁、退庁時間は可能な限り分散し、エレベーター内が密にならないように配慮する。
イ 正午から午後0時10分及び、午後0時50分から午後1時までは、特に混雑するためエレベーターの利用を自粛する。
ウ 上下3階程度は階段での移動を要請する。

(3)本庁舎以外の施設について
本庁舎以外の施設においては、本庁舎同様の対策を基本とし、現状に即した対策を講じる。対策は、所管課が責任を持って総合的に判断する。

4 本庁舎出入口の運用について

  • 入場・退場の際には、原則右側通行とする。
  • 8月6日(木曜日)までに各出入口に「入口」「出口」等の表示を行う予定。

※詳細については、今後検討する。

5 職員のフェイスシールド着用について

区内での新型コロナウイルスへの感染者が急増していることに伴い、区民の安全を第一に考え、窓口対応や訪問調査等に従事する職員はフェイスシールドを着用することを可能とした。

過去の掲載分については、以下よりご覧ください。

 

こちらの記事も読まれています

 
all