ここから本文です。

公開日:2021年1月16日 更新日:2021年5月1日

大般若経 附・廻村什具(だいはんにゃきょう つけたり かいそんじゅうぐ)完本

■足立区登録有形文化財(典籍)〈平成19年3月28日登録〉
■吉祥院(本木西町17ー5
) 【地図】(外部サイトへリンク)
■非公開

大般若経 附・廻付什具

吉祥院14世の義真(正徳元年〈1711〉没)が寄進を募った大般若経です。吉祥院では、大般若経の転読(てんどく:長い経文を読む場合、経題と経の一部だけを読んで全体を読むのに代えること)後に吉祥院のある本木周辺のズシという古くからの集落を廻る行事が戦中まで続いており、その時に大般若経を運搬する経櫃が残っています。寄進した人々は、区内のほか、鶴ケ曽根(埼玉県八潮市)や神田(千代田区)など広範囲に及んでいます。
なお、吉祥院は、この他に「旧吉祥院山門」・扁額「渕江山」・「吉祥院宝篋印塔」・「木造弁才天坐像」および多数の板碑庚申塔などが文化財登録されています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all