ホーム > 仕事・産業 > 中小企業支援 > 経営・技術セミナー > 「令和2年度あだち新製品開発講座」受講者募集

ここから本文です。

公開日:2020年2月5日 更新日:2020年7月9日

「令和2年度あだち新製品開発講座」受講者募集

<令和2年度の募集は終了いたしました。>

足立区では、新製品等の開発を目指している、意欲ある中小企業を対象に連続講座を実施します。
新しいサービス・製品・アイデアを自社の強みとなるものにしてみませんか?
当講座では以下の内容を学ぶことができます。

 

自社の特性や規模を活かした製品開発方法
●開発課題の選定と分析
●知的財産権の検討
●中小企業のためのマーケティング
●プレゼンテーション方法など

講座をきっかけに作られた製品が「TASKものづくり大賞」で優秀賞を受賞し、多くのメディアに取り上げられています。この講座は製品開発の方法、権利の守り方など実践的な内容となっております。

講座終了後は、卒業生が結集する「ものづくりゼミナール」に任意で入会し、共同で製品開発などの活動を継続していくことができます。

名称

「令和2年度あだち新製品開発講座」

開催日時

令和2年7月17日(金曜日)から令和3年3月26日(金曜日)までの全19回

時間:午後5時30分から午後8時00分(予定)

詳細の日にち等は別添「スケジュール案」をご確認ください。

場所

あだち産業センター3階流室(千住1-5-7)

駐車場はございません。公共交通機関をご利用下さい。

募集人数

10社(1社2名まで・先着順)

1社2万円

講師(予定)

●大塚聰氏(有)エッチビーアイ代表・工業デザイナー
【略歴】千葉大学工学部工業意匠学科大学院修了。企業の依頼を受けての取得知財権200件。製品開発等知財権の企業カウンセリング150社以上。

【講師歴】東京都中小企業振興公社、東京都立産業技術センターで新製品開発講座講師。千葉大学、湘南工科大学で開発工学講師。総理府、経済産業省、特許庁主催「新製品開発と知的財産権」始め全国での講演多数。「中小企業のための新製品開発と知財権」執筆。特許庁知財専門委員

●丸山寛治氏(株)安心堂会長
【略歴】法政大学法学部法律学科卒業後証券会社勤務。(株)安心堂設立。

オリジナル線香「焚経香」、手動式パッド印刷機「なんでもくん」開発。東京都中小企業振興公社「売れる商品(製品)デザイン創造塾」修了。足立ブランド認定企業。あだち異業種交流会「未来クラブ」会長、「FC足立交流会」会長。第4回TASK「優秀賞」以来連続入賞。「はんこ屋さんごっこ」で第6回TASKものづくり大賞「大賞」受賞。

●小林保彦氏三祐医科工業(株)社長
【略歴】芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。平成8年代表取締役社長就任。足立ブランド認定企業。「医療器具屋さんが作った耳かき」で第4回TASKものづくり大賞「奨励賞」。第5回TASKものづくり大賞「大賞」受賞。

【講師歴】東京都立職業訓練校綾瀬校で機械科実習講師。東京都立城東職業能力開発センター江戸川校で機械加工科講師。綾瀬校でわかもの人財養成科講師。エンジニア基礎養成科講師。

●小沢頼孝氏(有)三幸会長
【略歴】葛飾区亀有出身。(有)三幸会長。あだち異業種交流会「未来クラブ」副会長、足立ブランド認定企業。足立区認定「足立ブランド」副会長。オーストリー国デザインコンテストグランプリ受賞。東京都経営革新認定企業。「あだち新製品開発講座」製品開発・プレゼンテーション「最優秀賞」受賞。第7回TASKものづくり「優秀賞」受賞。

【講師歴】東京都立職業能力開発センター講師

●田口英紀氏スタッフデザインアソシエイツ
【略歴】桑沢デザイン研究所卒業。スタッフデザインアソシエイツを設立し、あだち異業種交流会「未来クラブ」の会員でデザイン講座未来デザインの主宰として活動。第12回TASKものづくり「奨励賞」受賞。道具学会会員。

受講条件

  • 毎回出題される課題を次回提出すること
  • 講座の3分の2以上に出席できること

申し込み方法

講座申込書(下記関連PDFファイルをご利用ください)に必要事項を記入し、ファックスで申込み。

または、「令和2年度あだち新製品開発講座」の申し込みフォームにて入力。

 

申込期間

令和2年6月29日(月曜日)から7月8日(水曜日)

関連PDFファイル

・講座申込書(PDF:135KB)

スケジュール案(講座紹介チラシ)(PDF:2,133KB)

ご注意ください

新型コロナウイルス感染拡大の状況により、日程、会場が変更となる場合があります。ご了承ください。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

産業経済部産業振興課ものづくり振興係

電話番号:03-3880-5869

ファクス:03-3880-5605

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all