ホーム > 仕事・産業 > 中小企業支援 > 経営・技術セミナー > 令和4年度 スタートアップのための足立ものづくりアクセラレータープログラム 受講者募集-新製品開発講座リニューアル-

ここから本文です。

公開日:2020年2月5日 更新日:2022年11月16日

令和4年度 スタートアップのための足立ものづくりアクセラレータープログラム 受講者募集-新製品開発講座リニューアル-

  申込期間満了のため受付を終了いたしました。

 足立区では、ハードウエアをメインにした課題解決型の新しい製品開発や事業開発に取り組むスタートアップ事業者に向けた支援を行います。新たな製品開発や事業開発に挑戦してみませんか!

※アクセラレーター…伴走型事業開発支援のこと

事業の目的

 昨今の社会では、少子高齢化や感染症の脅威、環境問題など多種多様な課題を抱えながらも、障がい者への支援や子どもの学習機会・質の向上などにも関心が高まっています。このような特定の課題や機会に着目して、革新的な技術やアイデアを生み出し、新しい解決を提供するスタートアップは、今後、重要性を増すと考えられます。

 本事業では、ハードウエアをメインにした課題解決型の新しい製品開発や事業開発に取り組むスタートアップ事業者が、本格的な製品化、量産へ向けて事業を成長させることを目指しています。

事業の概要

 本事業では、各参加事業者にカスタマイズした「伴走型支援」と参加事業者全員を対象にした「ビジネス開発講座」を組み合わせた支援を実施します。

●支援概要図

支援概要図

伴走型支援(個別)

 経験豊富なメンター※が各参加事業者の事業ステージに応じた経営課題に対し、継続的なコーチングを行い、新しい視点を提供したり、外部リソースの活用法やリスク評価などについてアドバイスを行います。

※メンター…指導者や相談者のこと

メンター TOKYO町工場HUB代表 古川 拓 氏
支援内容 面談またはオンラインでのコーチング
回数

全24回(各回1時間、週1回の頻度、6か月間)

上記に加え、2回(各2時間)の事前調査・打ち合わせ

ビジネス開発講座

 国内外で活躍するプロダクトデザイナーなどを講師に迎え、社会のトレンドや協働のあり方などを学ぶ。座学に加えて視察など、外に働きかける具体的な取り組みを実施します。

講座テーマ(予定)
第1回

オリエンテーション

仮説構築と仮説検証

3時間
第2回

アイデアをカタチにする(1)

プロダクトデザインの潮流と取り組み

3時間
第3回

アイデアをカタチにする(2)

内外のリソースを知る、活かす

3時間
第4回

視察+ワークショップ(1)

先進的な企業、取り組みを視察

3時間
第5回

ファイナンス

ブートストラップ※から資本調達まで

3時間
第6回

視察+ワークショップ(2)

トレンドを知る、見る、理解する

3時間
第7回 参加事業者プレゼンテーション・講評 2時間

※ブートストラップ…内部の資本のみで事業を営む手法

実施期間

令和4年8月上旬から令和5年3月末まで

詳細な日程については、決まり次第、ご連絡いたします。

対象事業者および募集要件

対象事業者:以下のいずれかの要件に該当する事業者

・中小企業基本法第2条第1項に定める中小企業で、区内に活動実態のある製造業事業者

・中小企業基本法第2条第3項に定める中小企業で、区内製造業事業者との協働を希望する事業者

募集数:3社

講師

●リードメンター:古川 拓 TOKYO町工場HUB代表       

古川さん 京都大学法学部卒。大学卒業後、銀行に入行し、日米で通算15年間、主に大企業の法人取引に従事した。2004年に独立し、創造力ある人材や優れた技術を生かすことで社会課題解決に資する事業構築、ソーシャルデザイン・プロデュースの道を進む。自ら複数のスタートアップを立ち上げ、同時にベンチャーファンドの取締役、財団理事等を兼任し、国内外で活動を展開してきた。

 2017年よりTOKYO町工場HUBの事業を創業、現在に至る。2009年より2020年まで11年間に渡り、東京大学大学院新領域創成学科の非常勤講師として同大学院の環境マネジメントプログラム「持続可能な社会のためのビジネスとファイナンス(全10回)」を教える(留学生対象の英語講座)。

ゲスト講師(予定)

アンディY.W. リー氏 ARVenture Studio Limited 創業者/ディレクター

アンディさん2 ロンドン芸術大学(Central Saint Martins School of Art and Design)で学び、香港理工大学でデザイン修士を取得。プロダクトデザイン・開発の第一線で25年以上にわたり活躍し続けている。競技用の水着から電動自動車まで幅広い分野で製品デザイン・開発に関わる。顧客にはAudiovox、バンダイ、Phillips、Speedo、Timexなど、世界の著名企業が並ぶ。ロンドンと香港に拠点を持つプロダクトデザイン事務所ARVenture Studio Limitedを設立し、現在に至る。ロンドン在住。

 

 

小川真由氏 株式会社小川製作所取締役 

小川さん 慶應義塾大学理工学部卒業(義塾賞受賞)、同大学院理工学研究科修士課程(システム工学、航空宇宙工学)修了後、富士重工業株式会社(現 株式会社SUBARU)航空宇宙カンパニーにて新規航空機の開発業務に従事。精密機械加工メーカーにて修業後、家業である小川製作所に合流し、医療器具や食品加工機械分野での溶接・バフ研磨などの職人技術による部品製作、5軸加工などを駆使した航空機や半導体製造装置など先端分野の精密部品の供給、3D CADを活用した開発支援事業等を展開。日本の経済統計についてブログやTwitterでの情報発信。

 

アルビン チャン(Alvin Cheung)氏 Tokyo Keyboard 代表
アルビンさん2 カリフォルニア美術大学サンフランシスコ校でデザイン戦略の修士(MBA)を取得。シリコンバレーで10年間デザイナーの仕事をした。日本に移住しTEDxTokyoの立ち上げに関わったのち、ソーシャルイノベーションのコンサルタントとして活躍。Microsoft、Google、Bayer、サントリー、日産などの案件を手掛けてきた。東京の職人技術とものづくりを再定義するMade in Tokyoの電化製品ブランド「Tokyo Keyboard」を立ち上げる。また日本初のコーヒーサブスクサービスを展開するABC Coffee Clubの創業メンバーでもある。

申し込み方法

申請書(下記関連PDF・Wordファイルをご利用ください)に必要事項を記入し、郵送、ファックス、窓口で申込み。

申込期間

令和4年7月1日(金曜日)から7月22日(金曜日)必着

関連ファイル

募集要領(PDF:441KB)

申請書(PDF:102KB)

申請書(ワード:33KB)

特別講座について

 本事業で実施する特別講座の情報については、下記のリンクよりご覧ください。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

産業経済部産業振興課ものづくり振興係

電話番号:03-3880-5869

ファクス:03-3880-5605

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all