ホーム > 子育て・教育 > 手当・医療費助成 > 子ども医療費助成制度(マル乳・マル子医療証) > マル乳・マル子医療証の保護者とお子さまが別居することになったとき

ここから本文です。

公開日:2020年1月15日 更新日:2020年3月5日

マル乳・マル子医療証の保護者とお子さまが別居することになったとき

※郵送のみでもお手続き可能です

子ども医療費助成制度は、足立区に住民票のあるお子さまが対象となります。

保護者が区外に住民登録をしている場合、すでに受給資格のある保護者が区外へ転出した場合は、「子ども医療費助成制度認定調書兼同意書」による届出が必要になります。また、お子さまが足立区から転出すると受給資格がなくなります。

医療証記載の保護者がお子さまの面倒をみなくなった場合は、保護者変更または資格消滅の手続きが必要になります。
マル乳・マル子医療証の保護者が婚姻、離婚等により変更になったとき

窓口で届出する場合に必要なもの

  • お子さまと別居している保護者の印鑑(朱肉を使うもの)
  • お子さまの医療証

受付窓口

郵送で届出する場合に必要なもの

送付先

郵便番号120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
足立区役所福祉部親子支援課児童給付係

封筒貼り付け用あて名シート(PDF:29KB)
印刷後、点線で切り取って封筒へ貼り付けてください

関連情報

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

福祉部親子支援課児童給付係(区役所中央館3階)

電話番号:03-3880-6492

ファクス:03-3880-5573

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all