• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > まちづくり・区画整理 > 国庫交付金事業における足立区の道路整備について

ここから本文です。

更新日:2019年1月28日

国庫交付金事業における足立区の道路整備について

国庫交付金(社会資本整備総合交付金)事業の施行に際しては、道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律(いわゆる「道路財特法」)による国費率のかさ上げ措置の継続等を踏まえた計画的な道路整備や、近年の道路をとりまく環境の変化に応じた新たな施策への取組を図ることが望ましいとされています。
本ページでは、足立区における道路整備の主な事業について紹介します。

道路整備の具体的な施策について

《都市計画道路の整備(街路事業)》

都市計画道路とは、災害に強く安全安心なまちづくりのため都市の骨格となる主要な道路です。足立区では、都市計画道路の整備が必要な区間が依然として残っています。

【1】足立区画街路第14号線(竹ノ塚駅西口付近)

足立区画街路第14号線は、西竹の塚二丁目地内に整備する幅員18m、延長97m、交通広場4,249平方メートルを含む都市計画道路です。東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)の連続立体交差事業と合わせて整備を進めており、竹ノ塚駅西口へのアクセス向上を図ります。

【2】補助第258号線(環七北通り)

「環七北通り」の愛称名が付けられている補助第258号線は、鹿浜五丁目から大谷田五丁目までの区間を通る幅員15mから30m、延長約8.2kmの都市計画道路です。このうち現在、六町一丁目地内の「六町加平橋」西詰の道路整備を進めており、整備が完了すると橋が開通し、第一次緊急輸送道路である環七通りのバイパス路線として渋滞対策、アクセスおよび防災機能の向上が期待できます。

 

《道路の改良整備(交通安全施設等整備事業)》

都市計画道路の整備のほか、足立区では、既存の道路におけるバリアフリーの促進、交通移動の円滑化および交通安全対策として道路の改良整備を行っています。

 

【3】足立区道足立8号線(おしべ通り)

鹿浜七丁目から加賀一丁目までの「おしべ通り」延長約921mの区間で歩道の拡幅整備を進めています。この整備により、歩行者、自転車、高齢者や障がい者など、誰もが安全で快適に通行できる空間を確保します。

 

《その他の道路整備(住宅市街地総合整備事業)》

西新井駅西口周辺地区の中心市街地においては、快適な居住環境の創出、都市機能の更新、密集市街地の整備改善及び街なか居住の推進等を図るため、「住宅市街地総合整備事業」の大臣承認を受け、道路の整備を進めています。

【4】補助第138号線(環七南通り)

「環七南通り」の愛称名が付けられている補助第138号線は、足立区江北二丁目から葛飾区東金町二丁目までの区間(うち、足立区内の道路延長は約8.6km)を通る都市計画道路です。現在整備している「その2工区」が完成すれば、尾竹橋通りから旧日光街道までがつながり利便性の大幅な向上が見込まれます。

【5】主要区画道路(2)(亀田トレイン通り)

「亀田トレイン通り」の愛称名が付けられている主要区画道路(2)は都市計画道路ではありませんが、西新井駅前地区から東武鉄道西新井車両工場跡地を通り、補助第138号線に抜ける、地区の主要な交通ネットワークを担うものです。現在整備している「2区間」は、西新井栄町一丁目から二丁目に位置し、全線開通により西新井駅西口への道路網が完成します。

 

上記に紹介した事業は、全体事業費が1億円以上で、現在事業中のものです。

これらの事業期間および事業費などの詳細は、下記の「事業中箇所リスト」をご覧ください。

 

 

 

 

事業中箇所リスト

事業中箇所位置図

 

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部企画調整課事業推進係

電話番号:03-3880-5478

ファクス:03-3880-5619

Eメール:k-jigyo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?