ホーム > 住まい・暮らし > 環境 > 地球温暖化・エネルギー対策 > 区施設で再エネ100%電力を導入しています!

ここから本文です。

公開日:2021年11月17日 更新日:2022年4月7日

 

3

区施設で再エネ100%電力を導入しました!

再エネ100%電力とは?

 現在、電力の多くは、化石燃料等を燃焼するエネルギーで発電する火力発電であるため、発電時に二酸化炭素(以下、CO2)を排出しています。これに対し、再生可能エネルギー(太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱など)で発電した電力は、発電時にCO2を排出しません。

 このため、区施設で使用している電力を、再生可能エネルギー100%で発電した電力(以下、再エネ100%電力)にすることにより、区施設での電力使用に伴うCO2の排出はゼロとなります。

足立区は電力から排出されるCO2が一番多い

 2018年度に足立区から約215万トンのCO2が排出されていますが、その内約59%が電力使用に伴う排出でした。

 1


 2021年3月23日、足立区と足立区議会は共同で「足立区二酸化炭素排出実質ゼロ宣言」を行い、2050年までにCO2の排出を実質ゼロにすることを表明しています。
 この宣言を実現するため、CO2の排出を削減する取り組みが重要ですが、中でも区施設が契約している電力を「再エネ100%電力」に切り替えることは、電力使用に伴うCO2の排出が多い足立区にとっては大きな効果が期待できます。

導入施設

 現在、以下の区施設で再エネ100%電力が供給されています。この他の区施設についても今後、再エネ100%電力の導入を進めていきます。

施設名 供給開始日
あだち再生館 令和3年4月1日
足立清掃事務所
小・中学校のうち17校(※) 令和3年10月1日
総合スポーツセンター 令和4年4月1日
東綾瀬公園温水プール

(※)区内小・中学校のうち、太陽光パネルを設置している以下の17校から導入を開始。
【小学校】足立小学校、伊興小学校、加平小学校、亀田小学校、鹿浜五色桜小学校、関原小学校、千寿小学校、中川小学校、西新井小学校、東綾瀬小学校、本木小学校
【中学校】第四中学校、第七中学校、第九中学校、江北桜中学校、鹿浜菜の花中学校、新田学園

 

関連ページ

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

環境部環境政策課計画推進係

電話番号:03-3880-6049

ファクス:03-3880-5604

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all