ここから本文です。

公開日:2020年3月12日 更新日:2020年4月3日

おうミュオープン!

学校がお休み中のみなさんへ

しんがたコロナウイルスが広まって、みなさんの身を守るために足立区の学校もお休みになってしまいました。

郷土博物館も、しばらくのあいだお休みになっていて、みなさんに遊びにきてもらうことができません。(とってもさみしいです。)

そこで、学校が始まるまでのあいだ、郷土博物館から、おうちで作ったり、遊べたりするものをごしょうかいします。

かんたんに作れるものもあるので、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

※ないようは、ちょっとずつふやしていくので、楽しみに待っていてください。

保護者の方へ

この「おうちミュージアム」は、北海道にある北海道博物館が「学校がはじまるまでのあいだ、おうちでミュージアムをたのしもう」という趣旨で発案した企画です。この企画に賛同し、当館でも「おうちミュージアム」を実施します。

長期休校の間、自宅で楽しみながら過ごせるコンテンツを順次公開していきます。

児童・生徒のみなさんと一緒にお楽しみいただけると幸いです。

やってみよう!遊べる浮世絵

ご注意 ハサミを使うときは、手を切らないように気をつけてください。

切り絵

―印刷した紙から、ハサミを使っていろいろなかたちを切り取ります。

―シールの用紙に印刷して切ると、いろいろなシールを作れます。

幼稚園用切絵第一号

幼稚園用切絵第一号(ようちえんようきりえだいいちごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

〇・△・□などを組み合わせた、いろいろなかたちを切り取ってみよう!

幼稚園用切絵第二号

幼稚園用切絵第二号(ようちえんきりえだいにごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろな葉っぱのかたちを切り取ってみよう!実は、昔のひらがなで木の名前がかいてあります。

幼稚園用切絵第三号

幼稚園用切絵第三号(ようちえんようきりえだいさんごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろなお花や葉のかたちを切り取ってみよう!これにも、昔のひらがなで植物の名前がかいてあります。

幼稚園用切絵第四号

幼稚園用切絵第四号(ようちえんようきりえだいよんごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろな果物や木の実のかたちを切り取ってみよう!食べたことがあるものはどれかな?

幼稚園用切絵第五号

幼稚園用切絵第五号(ようちえんようきりえだいごごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろな野菜のかたちを切り取ってみよう!
幼稚園用切絵第八号

幼稚園用切絵第八号(ようちえんようきりえだいはちごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろな鳥のかたちを切り取ってみよう!
幼稚園用切絵第十号

幼稚園用切絵第十号(ようちえんようきりえだいじゅうごう)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国鶴二代(うたがわくにつるにだい)

いろいろな紋(もん)のかたちを切り取ってみよう!

遊び方(PDF:309KB)(PDFファイルが開きます)

立版古(たてばんこ)

―印刷した台紙をハサミで切り、テープやのりを使って組み立てていきます。浮世絵でつくるペーパークラフトです。

―実は、作り方のくわしいせつめいしょはありません。台紙にえがかれている完成図をたよりに、想像をふくらませながら、作ってみてください。

―おうちで印刷ができる場合は、すこしあつめの紙に印刷するのがおすすめです。

新版こうばこづくし

新版 こうばこづくし(しんばん こうばこづくし)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川国利(うたがわくにとし)

亀の甲羅型や将棋のコマ型など、いろいろな形の箱を作ってみよう!

源氏こう箱

源氏こう箱(げんじこうばこ)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川周重(うたがわちかしげ)

もっとたくさん箱を作ってみよう!

きんぎょひごいふなかめのこ板形紙玩具絵

きんぎょ ひごい ふな かめのこ 板形紙玩具絵(きんぎょ ひごい ふな かめのこ いたかたがみおもちゃえ)(外部サイトへリンク)

作った人:わかっていません

組み立てて金魚やフナの形を作ってみよう!

そのほか おもちゃ絵

―浮世絵で紙あそびをやってみよう!切りとって組み立てたり、お人形あそびをしてみたり、いろいろな種類があります。

新版おり替り

新版おり替り(しんばんおりかわり)(外部サイトへリンク)

作った人:わかっていません

線にそって折っていくと…まったくちがう絵に変身!

新版おり替りの遊び方(PDF:177KB)(PDFファイルが開きます。)

新板踊子桂付

新板踊子桂付(しんばんおどりこかつらづけ)(外部サイトへリンク)

作った人:歌川政信(うたがわまさのぶ)

女の子と、それぞれ髪型の用紙を切りとります。ヘアスタイルをいろいろかえて遊ぼう!

ダウンロードのやりかた(保護者の方と一緒にやりましょう)

1 各資料の名前をクリックします。郷土博物館の収蔵資料データベースにつながります。

2 資料の詳細画面が開くので、資料画像の下にある「拡大」ボタンを押します。

  ダウンロード方法1

3 画面右下のダウンロードボタン(箱と矢印のマーク)を押すと、資料画像のダウンロードができます。

  ダウンロード2

4 資料画像のダウンロードができたら、印刷して使ってください。

〈ご自宅のプリンターで印刷する場合〉
保存されたフォルダから印刷したい画像を開きます。メニューから「印刷」のボタンを押します。
ご使用のソフトにより印刷手順が異なりますので、各ソフトの取り扱い説明書やヘルプなどをご覧ください。

〈ご自宅にプリンターがない場合〉
コンビニのコピー機などをご利用いただくと印刷ができます。利用方法は各コンビニのウェブサイトをご覧ください。

博物館妖怪ぬりえ

郷土博物館にすみついている妖怪たちの写し絵を、ぬりえにしました。(いつもは、収蔵庫にかくれています。)

博物館が再開したら、妖怪たちのもとになった展示を見に来てくださいね。

(妖怪の名前をクリックすると、ぬり絵のPDFファイルが開きます。)

おばけえんとつブラザーズ
おばけえんとつブラザーズ(PDF:271KB)

かつて千住火力発電所のえんとつとして大かつやくしていた4本兄弟。

おじいちゃん、おばあちゃん世代にはなつかしまれる。

4本兄弟だが、力をあわせると1本、2本、3本に合体できる。

今は全員かいたいされてしまったが、今も体の一部が隅田川ぞいにかざられている。

おにがわらもどき
妖怪おにがわらもどき(PDF:285KB)

足立区内で作られていた「おにがわら」にあこがれて、勝手におにがわらのカタから自分の顔を作った妖怪。

顔だけりっぱで、身体はドロのようなものでできている。

本物のおにがわらが家を守る様子をマネして悪いモノに立ち向かっているが、いつも返りうちにあっている。

ひょっとこもどきとガラスケースをこえたともだち。

オオタバマルキ
妖怪オオタバマルキ(PDF:346KB)

千寿ねぎの妖怪。おいしい千寿ねぎが出来上がって、「おおたばまるき」にされると、そのりっぱなすがたをじまんしにやってくる。

頭をかじるとネギの味がする。

足立区内でのさいばいがへって、元気をなくしていた。

さいきんは足立区内の小学生が千寿ねぎを育ててくれていると聞いて、元気になってきている。

すずめやき
妖怪すずめやき(PDF:260KB)

「すずめやき」という名前だが、小ぶながざいりょうの昔の定番おかず。

昔は魚のすがたをした妖怪だったが、みんなにスズメをやいたものとカンちがいされるため、

自分でもよくわからなくなって今のすがたになった。

足をかじるとタレの味がする。

てれびのうえ
妖怪てれびのうえ(PDF:289KB)

昔、箱のかたちだったテレビの上には、様々なおきものがおかれていた。

テレビがどんどんうすくなっていき、おきものたちはテレビの上の「いつものばしょ」から追われてしまい、みんなですみっこに集まってないていたところ、いつのまにかかたまって妖怪になっていた。おきものでよくあるこけしのすがたをしている。

顔の線はさみしさから流したなみだのあと。今は博物館のテレビの上にすみついている。

半白きゅうり
妖怪半白きゅうり(PDF:256KB)

いま流通している緑色のきゅうりのおじいさん。

昔はみんなこの半白きゅうりを食べていたが、今は緑色のきゅうりばかり食べられるので、くやしくて妖怪になった。

でも、きゅうりなので悪いことができない。

おぼんの時期は馬にへんしんして、大かつやくする。

ひょっとこもどき
妖怪ひょっとこもどき(PDF:288KB)

足立区内でさかんなおはやしや神楽に使われていたお面にとりついた妖怪。

人や神様を楽しませている様子にあこがれて、いつもおどりを練習している。

ようやく笛をふけるようになったらしい。

おにがわらもどきとはガラスケースをこえたともだち。

コエタンゴ
妖怪コエタンゴ(PDF:265KB)

昔、下肥(しもごえ)はえいようまんてんなやさいを育てるために使われていた大事なものだった。

その下肥を運ぶために使われ、人の役に立っていたコエタンゴ。

しかし、時代がすぎるにつれ、「きたない」「くさい」とののしられることがふえ、悲しみのあまり妖怪になった。

かたにかつがれると昔を思い出しておとなしくなる。

ムシャダコ
妖怪ムシャダコ(PDF:272KB)

昔はたくさん子どもに遊んでもらっていたタコ。

さいきんはめっきり遊ばれず、さみしさから妖怪になった。

昔はそのこわい「むしゃ」の顔で子どもに近づく悪いモノを追いはらっていたが、

今はその顔でしょんぼり子どもホールに遊びにくる子どもをながめることしかできない。

えまねずみ

 

 
妖怪絵馬ねずみ(PDF:253KB)

 

絵馬にえがかれたねずみ。

絵馬にこめられたねがいをかなえるために、絵からとび出して妖怪になった。

おだちんは絵馬にいっしょにえがかれたおもち。

SNSにもご注目!

足立区公式SNSでも、博物館で大切にしまっている絵や資料、博物館がお休み中は見ることができない展示物をご紹介していきます。

「フーン、足立区にはこういうものがあるんだなあ」って知ってもらえるとうれしいです。

博物館が再開したあとに、みんなで博物館に来てもらえるともっともっともっとうれしいです!

ハッシュタグ「#おうちミュージアム」で検索してみてくださいね。(SNSは、保護者の方と一緒に閲覧してください。)

ハッシュタグ「#我が家のおうちミュージアム」をつけて、つくったものや遊んでいる様子、ご感想などの投稿も楽しみにしています。

足立区公式SNSについて


よそのおうミュ(外部サイトへリンク)

全国のあちこちのミュージアムでも、おうちミュージアムをオープンしています。

楽しく遊べて学べるコンテンツがたくさん!足立区を飛び出して、ほかのおうちミュージアムにも遊びに行ってみてね。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

all