ここから本文です。

公開日:2020年2月13日 更新日:2020年3月5日


あだちの大学リレーイベント企画

トップ画像子どもたちの様子
掲載のイベントは実施済みのものです。

 


 あだちの大学リレーイベントってどんな企画??
 

あだちの大学リレーイベント企画は、

 1.区内大学のことを知っていただくため
 2.大学と区民がつながるきっかけをつくるため
 3.大学が持つ知識やノウハウを区民に還元するため

この3つを目的に、区内の大学が連携し区民向けの企画をリレーして実施しています。
これまでに実施された企画をぜひご覧ください。  

 

 

第18弾 放送大学ワークショップ ※開催中止※
    「心で感じて 体であそぶ ヒョウゲンに挑戦!!」

020308放送大学ワークショップチラシ(PDF:919KB)

 今回みんなに楽しんでもらうのは、からだを使った表現のあそび。
 みんなで昔あそびをしたり、物語の世界に入って、動物になったり、木になったり
 楽しみながら自分だけのヒョウゲンをしてみよう!
 日時 2020年3月8日(日曜日)
 場所 学びピア21 4階 講堂
 講師 猪崎弥生先生
    (お茶の水女子大学名誉教授 専門:舞踊学・舞踊芸術学)
    池田裕恵先生
    (東洋英和女学院大学名誉教授 専門:発達心理学・保育学)
    落合敏行先生 (作曲家・楽士)

※本ワークショップは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、開催を中止しました。

 

ページの先頭へ戻る

 

第17弾 東京藝術大学ワークショップ
    「藝大ムジタンツクラブinにしあらい
     みんなで楽しむ音楽とダンス!-音楽にかくれた数字のひみつ-」

020111藝大ワークショップチラシ(PDF:428KB)

 音楽にかくれた数字をみつけたり、
 音楽と数字をくみあわせておどったり、
 聴いて、かなでて、おどって!みんなで楽しんじゃおう!
 日時 2020年1月11日(土曜日)
 場所 ギャラクシティ
 講師 酒井雅代先生:ピアノ(国際芸術創造研究科教育研究助手)
      山崎 朋 先生 :ダンス(国際芸術創造研究科教育研究助手)
      南條由起先生:ヴァイオリン(プロヴァイオリニスト)

 

   

  参加した児童のコメント(アンケート抜粋)

 ・もっと音がくのことをしりたい。
 ・音はすごいなとおもいました。
 ・もう少しむずかしいダンスにもちょうせんしてみたい。

 

020111東京藝術大学ワークショップ画像2 020111東京藝術大学ワークショップ画像1

 

 ※同日開催※020111東京藝術大学講演会チラシ                        
 あだちの六大学による子育て・教育応援シリーズ第5弾
 東京藝術大学講演会
     「音×表現で引き出す 子どもの潜在能力発見術!」

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第16弾 東京電機大学特別講演会
    「子ども同士がグッドな関係を築けるコミュニケーション術」

16東京電機大学特別講演会(PDF:401KB)JPG:249KB)
 
 生活が便利になる一方、人と人とのコミュニケーションが失われかけ、
  お子様のコミュニケーション力に不安を感じていませんか!?
  社会で活躍できる人間になるために、自分とは違う考えをもつ人との
  コミュニケーション術や、チームワークで成し遂げることの重要さを、
  スポーツ事例を通してわかりやすくお話しします。
  日時 2019年6月29日(土曜日)
  場所 東京電機大学
  講師 理工学部講師 福富信也先生

 

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

 ・「チームビルドのあり方」について、わかりやすい説明で大変参考になりました。
 ・子どものためと思って参加しましたが、大人の社会での内容としても楽しめました。
 ・自分が大切にしている部分と重なり、もっとこうしていこうと意欲が高まりました。

 

ページの先頭へ戻る

 

第15弾 帝京科学大学ワークショップ
    「なぜ・なに?どうして?自由に考えるっておもしろい」

15帝京科学大学ワークショップ(PDF:435KB)(JPG:341KB)  
 
 対話する哲学を通じて、「コミュニケーション能力」のその先へ!
  考える力や相手の気持ちがわかる力が身につく!
  日時 2019年3月2日(土曜日)
  場所 帝京科学大学
  講師 総合教育センター講師 榊原健太郎先生

 

 

 

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・事前に内容が想像できなかったが、考えるということを楽しく感じた。
 ・子どもが、考えることの大切さをわかってくれたら嬉しかったので、良いきっかけになりました。
【子どもアンケートより】 
 ・てつがくを学校ではやらないから、いい勉強になりました。
 ・いろいろな意見があっておもしろかった。

 

ページの先頭へ戻る

第14弾 文教大学ワークショップ&講演会
    「きっと好きになる! 英語っておもしろい!」

14文教大学講演会ワークショップ(PDF:1,149KB)(JPG:376KB) 
  英語が話せれば、世界の人とコミュニケーションがとれるよ!
  英語を使った楽しいゲームがいっぱい!
  日時 2018年12月15日(土曜日)
  場所 花畑地域学習センター
  講師 国際学部教授 阿野幸一先生

  【同時開催】「コミュニケーションで使える英語って?」
   これまで学んできた英語の知識を
   「コミュニケーションのための英語」に変えてみませんか。
   目からうろこのポイントをご紹介します!

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・自分の学生時代にもこんな授業があったら英語が好きになっていたかもと思いました。
 ・子どもはイベントに集中でき、保護者は講演会に参加でき大変良かったです。
【子どもアンケートより】 
 ・お兄さん、お姉さんが優しく英語を教えてくれたのでわかりやすかったし、面白かったです。
 ・英語は苦手だったけど、ちょっと得意になった。

 

ページの先頭へ戻る

第13弾 東京未来大学ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」

13東京未来大学講演会(PDF:874KB)(JPG:701KB) 
  76億人が住んでいる世界。
  子どもとお年寄りはどちらが多いのかな?
  インターネットを使っている人はどのくらいいるのかな?
  そのギモン!世界をぎゅっと縮めた
  100人の村の一員になって確かめてみない!?
  世界のしくみや今をキミも体感しよう!!
  日時 2018年12月2日(日曜日)
  場所 東京未来大学
  講師 こども心理学部准教授 小林祐一先生

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・具体性をもって世界の現実を理解できる大変素晴らしいワークショップでした。
 ・親子で考えさせられることが多く、帰り道にゆっくり話し合いながら帰りたいです。
【子どもアンケートより】 
 ・世界の人々がどれだけ苦しいのか、どれだけ平和なのかが知れた。
 ・今日話していたけど、このことが現実にあると考えたら自分は幸せだなと思った。

 

ページの先頭へ戻る

第12弾 放送大学×ギャラクシティ講演会 
     講演会&プラネタリウム「今と昔の宇宙物語」

12放送大学ギャラクシティ講演会(PDF:724KB)(JPG:609KB)
  138億年前に誕生した宇宙はフシギがいっぱい。
  広い宇宙の果てには何があるの?
  今の宇宙って冷たいの?熱いの?などなど。
  今と昔をテーマに宇宙のナゾにせまる。
  プラネタリウムで大迫力の星空も楽しもう。
  日時 2018年3月11日(日曜日)
  場所 ギャラクシティ
  講師 お茶の水女子大学名誉教授・
     放送大学東京文京学習センター客員教授 菅本晶夫氏

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・星のお話はとても楽しく、ワクワクしながら聞くことができました。
 ・少し難しい内容でしたが、子どもなりに理解していてとても楽しめました。
【子どもアンケートより】
 ・色々な物質の名前、銀河の名前、星の名前がでてきて難しかったけれど、勉強になりました。
 ・私が今まで知らなかったことをプロジェクターで、教えてくれたからとても勉強になりました。

 

ページの先頭へ戻る

第11弾 東京電機大学講演会
    「社会で活躍できる人間に育てましょう
     
子どもの脳がぐんぐん育つノウハウ教えます~」

11東京電機大学講演会(PDF:502KB)(JPG:575KB) 
  学校の成績が優秀な子どもが社会で活躍できるとは限らない。
  遊んでばかりで勉強ができなかった子どもが社会で活躍する場合が
  多々あります。それは、遊びを通じて社会で活躍するために必要な
  脳細胞を鍛え育てるからです。 
  日時 2017年12月2日(土曜日)
  場所 東京電機大学
  講師 東京電機大学顧問・東京電機大学名誉教授
     小谷誠氏(東京電機大学元学長)

 

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

・前頭前野の重要さを学び、今後は親子関係を重視し、愛情深く育てていきたいと思います。
・子育てのことだけではなく、親世代の生き方にもためになる講演でした。
・子どもに求めがちでしたが、体験して失敗して、自分で学ぶことが大切なのだと思いました。

  
11-2ものづくり教室(PDF:1,020KB)(JPG:718KB)  
 【同日開催】科学ものづくり体験教室
  各コース60分の充実した内容で、
  楽しみながら科学的な思考を身につけよう!
  5つのコースから1コースを選んで体験するワークショップ。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第10弾 東京藝術大学ワークショップ&ミニコンサート「だダDa打楽器」

10東京藝術大学ワークショップ&ミニコンサート(PDF:1,094KB)(JPG:393KB)
  基本的な演奏方法を勉強して最後にみんなで合奏しよう!
  日時 2017年3月19日(日曜日)
  場所 東京藝術大学千住キャンパス
  講師 永野雅晴先生、井上仁美先生
  ※プロによるスペシャルミニコンサートあり。

 

 

 

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・普段見たこともない楽器に触れることができ、良い経験になりました。
 ・音楽の楽しさが伝わってきました。打楽器の奥深さを知り、楽しかったです。
【子どもアンケートより】
 ・とにかくとても楽しかったです。
 ・みんなで演奏したりするのが難しかったですが、色々な楽器を触ったりするのが楽しかったです。

 

ページの先頭へ戻る

 

第9弾 東京未来大学ワークショップ&講演会
   「謎解きワークショップ 力をあわせて宝をさがせ!!」

9東京未来大学ワークショップ&講演会(PDF:964KB)(JPG:528KB)
  
未来大学のどこかに宝?!が隠されている。
  チームを組んで出発しよう!
  日時 2016年12月11日(日曜日)
  場所 東京未来大学
  講師 モチベーション行動科学部准教授 磯友輝子先生
      こども心理学部講師 日向野智子先生
  【同時開催】保護者向け講演会「子どものコミュニケーション」
   ワークショップ参加者の保護者に向けた講演会。
   謎解きワーク中に見られるやり取りを手がかりに、
   日頃のコミュニケーションについてお子様と一緒に考えるきっかけとする。

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第8弾 帝京科学大学ワークショップ
   「蝶々のひみつ -the Mistery of Butterfly -」

8帝京科学大学ワークショップ(PDF:687KB)(JPG:344KB)
 蝶々の翅を入れたレジンストラップをつくりながら、蝶々のくらしを勉強しよう!
 そこから見える蝶々のひみつとは!?みんなの家のまわりにも
 実はたくさんくらしている、蝶々を楽しく学ぶワークショップです。

 日時 2016年7月30日(土曜日)
 場所 帝京科学大学
 講師 こども学部学校教育学科講師 江田慧子先生

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第7弾 放送大学ワークショップ
   「親子で楽しむ傘ぶくろアート なにができるかな?」

7放送大学ワークショップ(PDF:223KB)(JPG:217KB)
  傘ぶくろをふくらませて、つないだり、たたせたり、くぐらせたり、
  どんなことができるかな?
  日時 2016年3月6日(日曜日)
  場所 学びピア21
  講師 お茶の水女子大学附属小学校
      堀井武彦先生、岡本祐佳先生

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第6弾 東京電機大学ワークショップ
   「親子でつくろう発電機 あつまれでんきっず・
    親子でつくって学ぼう リアルまちづくり」

6-2東京電機大学ワークショップ(PDF:215KB)(JPG:212KB)

 小学校低学年向け
 「親子でつくろう発電機 あつまれでんきっず」

  自分で作った発電機でLEDをつけてみよう!
  日時 2015年11月1日(日曜日)
  場所 東京電機大学
  講師 西方正司先生、石山仁先生、藤岡守先生

 

 

 

6-1東京電機大学ワークショップ(PDF:213KB)(JPG:209KB)

 小学校高学年向け
 「親子でつくって学ぼう リアルまちづくり」

  組み立てた家の模型を並べて、まちなみについて考えてみよう!
  日時 2015年11月1日(日曜日)
  場所 東京電機大学
  講師 荻原雅史先生

 

 

 参加した方のコメント(アンケート抜粋)

【大人アンケートより】
 ・こどもに分かりやすい実験でとても良かった。また機会があったら参加したい。
 ・親の方が熱心に作ってしまう感じでしたが、子どもも工夫して楽しんでいました。
【子どもアンケートより】
 ・どうせんをまくのはかんたんだったけど、800回はつかれた。楽しかったのでまたやりたい。
 ・こうさくみたいでおもしろかった。いろいろしらないことをまなべてたのしかった。またやりたい。 

 

ページの先頭へ戻る

 

第5弾 東京藝術大学ワークショップ&ミニコンサート
   「だダDa打楽器・わワWa和楽器」

 このワークショップは、区内大学リレーイベント企画で初となる2部構成です。
 低学年向けのワークショップを午前に。高学年向けのワークショップを午後に実施しました。 

 

だダDa打楽器チラシ(PDF:208KB)
 
 だダDa打楽器(午前の部)

  日時 2015年2月15日(日曜日)
  講師 永野雅晴先生
     井上仁美先生

 木琴の練習

エッグシェイカー リズム手遊び
 鈴やトライアングル、タンブリンなど、小学校低学年のみんなが
 学校で触ったことのある楽器で“プロの音色”を体験しました。
 講師の永野先生、井上先生から、リズム手遊びや打楽器の演奏の
 レクチャーを受け、会場はたくさんの音色で盛りあがりました。

 

わワWa和楽器チラシ(PDF:218KB)

 わワWa和楽器(午後の部)

  日時 2015年2月15日(日曜日)
  講師 長谷川慎先生
     山下靖喬先生

 和太鼓の練習
三味線の練習 琴の練習

 箏や尺八、三味線、和太鼓など。普段見慣れない“和楽器”に体験しました。
 講師は、長谷川先生と山下先生。
 子どもも保護者のみなさんも一生懸命練習し、最後は全員で合奏しました。
 プロである長谷川先生と山下先生のミニコンサートもあり、和楽器に触れる貴重な一日になりました。  

参加した方のコメント(アンケート抜粋)

「たくさんの和にふれることができたので、いい経験になった。」(子ども向けアンケートより)
「最後の演奏がおもしろくて楽しかった。きれいな音が聞けてよかった」(子ども向けアンケートより)
「想像以上に子どもが楽しむことができた。普段間近で演奏するのを見れる機会がないので、とてもいい経験ができた」(大人向けアンケートより)

東京藝術大学ホームページ(外部サイトへリンク)
東京藝術大学アートリエゾンセンター(外部サイトへリンク) 

 

ページの先頭へ戻る

 

第4弾 東京未来大学ワークショップ「Chigo Cafe Special Edition」

4東京未来大学ワークショップ(PDF:230KB)
 親子で楽しむお菓子づくり&音探検
 「Chigo Cafe Special Edition」
  ( ちご かふぇ すぺしゃる えでぃしょん )

  感じる・つくる・つながる・・・
  四季折々の愉しみを、親子であらためて味わってみませんか?
  懐かしいけどあたらしい、素敵な時間を皆さんとともに。
  日時 2014年11月30日(日曜日)
  場所 東京未来大学
  講師 木内菜保子先生、小林久美先生、佐々木由美子先生、森薫先生

 

 

ページの先頭へ戻る

 

第3弾 帝京科学大学ワークショップ&講演会「しっぽの秘密」

しっぽの秘密チラシ(PDF:179KB)
 日時 2014年7月13日(日曜日)
 講師 木場有紀先生
    (帝京科学大学こども学部児童教育学科講師)
    小池和男先生
    (帝京科学大学教職センター長・教授)
 【同時開催】
  子どもを育てる楽しみ-子どものほめ方、叱り方-(保護者向け講演会)


    

 

 しっぽの劇 しっぽのワークショップ2
 しっぽの勉強2 しっぽ体験

 動物のしっぽをテーマに、小学校低学年の児童が楽しく学べる
 体験型講演会「しっぽの秘密~楽しく学ぶ動物の不思議~」を開催しました。
 講師は、児童教育学科の木場先生です。
 この講演会では、学生さんたちが主体となり、オリジナルの劇を考えたり、
 ワークショップで子どもたちの手助けをするなど、多くの活躍をみせてくれました。
 子どもたちは、しっぽの劇や、しっぽのお話(クイズ)で勉強し、しっぽのひみつノートを作ったり、
 動物の立体切り絵や、しっぽ体験で動物のことをたくさん知りました。

 同時開催の講演会「子どもを育てる楽しみ-子どものほめ方、叱り方-」では、
 保護者のみなさまに向けて、教職員センター長で教授の小池先生の講演を行いました。 

参加した方のコメント(アンケート抜粋)

「しっぽは色々な種類があって色々な役割があった。それが今日知れてうれしかった。」(子ども向けアンケートより)
「学生の劇は子どもと一緒に楽しむことができた。先生の講演は心温まる話で、わが子の成長を大事に見守りたいと思った。」(大人向けアンケートより)

帝京科学大学ホームページ(外部サイトへリンク) 

 

ページの先頭へ戻る

 

第2弾 放送大学東京足立学習センター公開講演会
   「ゾウになって地球を知ろう
    アフリカの野生の世界から地球や人間をみてみよう!」

ゾウになって地球を知ろうチラシ(PDF:210KB)

 日時 2014年2月9日(日曜日)
 講師 中村千秋先生
    (酪農学園大学特任教授・放送大学非常勤講師)

 スクリーン投影 講演会の会場の様子
 参加者記念品レザープラネット

 放送大学の非常勤講師を務める、酪農学園大学の中村教授を迎えて、
 「ゾウになって地球を知ろう!」講演会を開催しました。
 アフリカゾウ研究者であり、東アフリカのケニヤを拠点に活動する先生から、
 ゾウの目で見る地球環境のお話を聞きました。
 この講演に参加した子供たちは、講演が終わった後も列を作り、
 たくさんの質問をしていました。

参加した方のコメント(アンケート抜粋)

「アフリカゾウとその地域の人々と近くなった気がして嬉しかった。」(子ども向けアンケートより)
「子どもの進路のヒントになればと参加。動物に関する仕事のヒントとして講演会が役に立った」(大人向けアンケートより)

放送大学ホームページ(外部サイトへリンク) 

 

ページの先頭へ戻る

 

第1弾 東京電機大学講演会
   「理想の子ども部屋をつくろう-大人の目線と子どもの目線の違い-」


 /images/27717/dendai_kodomobeya_tirashi_1.jpg(PDF:263KB)
 日時 2013年12月21日(土曜日)
 講師 勝又洋子先生
    (東京電機大学理工学部教授)
  講演会の様子1 勝又先生 ビュー坊と子ども

 小学生のお子さんを持つ保護者のみなさまを対象に講演会を開催しました。
 講師は東京電機大学、理工学部情報システムデザイン学科の勝又教授。
 空間演出デザインを専門とする先生です。
 今回の講演では、「子ども部屋の位置付け」、「子どもの居場所と過ごし方」、
 「6畳空間での大人と子どもの理想的な家具配置の違い」など、
 子どもの快適空間をつくるコツを紹介していただきました。

参加した方のコメント(アンケート抜粋)

「自分の部屋を作ってみたいと思った」(子ども向けアンケートより)
「子どもが作るレイアウトの方が開放感があるのが興味深かった」(大人向けアンケートより)

東京電機大学ホームページ(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

広報室シティプロモーション課

電話番号:03-3880-5803

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all