ここから本文です。

公開日:2021年2月10日 更新日:2021年2月10日

花畑大鷲神社算額(はなはたおおとりじんじゃさんがく)一面

■足立区登録有形文化財(歴史資料)〈昭和60年11月12日登録〉
■花畑大鷲神社(花畑7ー16ー8) 【地図】(外部サイトへリンク)
■非
公開

花畑大鷲神社算額

天保4年(1833)4月に、花又村(現花畑)の住人金杉清常の門人たちが清常81才の記念に花畑大鷲神社に奉納した算額です。清常は木挽を業としつつ、数学を江戸の関孝和流第五伝・神谷定令に学び、多くの門人を育てました。算額は、数学の問題を木製の額に書き、神社仏閣に掲げたものです。門人ら66名の名前と住所が記載されており、その範囲は花又村をはじめ内匠・千住・保木間や、現在の八潮市・草加市・三郷市等の近郷近在におよんでいます。
なお、花畑大鷲神社の「獅子舞」は区の指定無形民俗文化財に、「本殿・拝殿」および「力石」は区の登録文化財になっています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all