ホーム > まちづくり・都市計画 > 公共交通・道路・橋梁 > 鉄道新線の整備促進 > 令和元年度地下鉄8号線整備促進大会の開催(報告)

ここから本文です。

公開日:2019年11月26日 更新日:2019年11月26日

令和元年度地下鉄8号線整備促進大会の開催(報告)

地下鉄8号線延伸【豊洲~(足立区葛西用水親水水路)~野田市】の実現を目指し、「地下鉄8号線整備促進大会」を開催しました。

この大会は、平成10年から毎年、地域、議会及び行政が一丸となって、区内延伸を目指す取組みの一環として行っています。 

開催日時、会場

  • 日時:令和元年11月23日(土曜日)午前10時30分から
  • 会場:中川小学校体育館(足立区大谷田3-17-20)
    (令和元年度の大会は終了いたしました。雨の中、約310名の皆様にご出席いただきまして、ありがとうございました。)

開催概要

第1部「報告会」

●町会・自治会の取組みについて
地元地域の町会・自治会の方からPR活動等、取り組み状況について、ご説明していただきました。

●地下鉄8号線整備促進に向けて
地下鉄8号線の整備効果や課題、想定している路線の現状等を報告いたしました。

 

第2部「促進大会」

●地下鉄8号線の早期整備に向けた大会決議のほか、将来を担う沿線小学校の児童によるメッセージ発表などを行いました。
大会状況

次第

●開会挨拶
●主催者挨拶
●来賓挨拶
●沿線小学校児童によるメッセージ発表
●大会決議
●シュプレヒコール

また会場内では、沿線保育園・こども園の園児による「地下鉄8号線区内延伸ぬりえ」の展示を行いました。

【大会決議】

地下鉄8号線の整備は、長い間、我々沿線地域住民の悲願である。
この地域は、区画整理事業などでまちづくりが進み、快適な住みよいまちとして発展し続けている。
地下鉄8号線の延伸は、地域の更なる発展やまちの活性化、交通利便性向上など、次世代への大きな財産となるものであり、実現に向けての努力は、今を生きる我々の責務である。
足立区では整備に向けた調査を実施し、災害時における新たな経路の確保や、鉄道不便地域の解消など、地下鉄8号線が区内を通ることの有意性とともに、整備事業が大きな効果をもたらすことを確認した。
一方、国は、平成28年4月に交通政策審議会答申「東京圏における今後の都市鉄道のあり方」を示し、東京8号線として足立区内延伸を明確に位置付けた。
地下鉄8号線の早期整備に向けて、地域と議会、行政が一丸となって、あらゆる力を集結し、最善を尽くすことをここに誓う。

以上決議する。

令和元年11月23日

地下鉄8号線整備促進大会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シュプレヒコール】

シュプレヒコール

【沿線保育園・こども園の園児による「地下鉄8号線区内延伸ぬりえ」展示】

ぬりえ展示

 

関連PDFファイル

 

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

鉄道立体推進室鉄道関連事業課
電話番号:03-3880-5937
ファクス:03-3880-5605
Eメール:a-tetsukan@city.adachi.tokyo.jp

all