ここから本文です。

公開日:2020年7月22日 更新日:2020年7月22日

Game Changerプロジェクト -パラスポーツで社会を変える-
足立区×オランダ連携プロジェクト事業 第3弾!!

 GAMECHANGER

第3弾 オランダから車いすバスケットボール銅メダリストが来日

平成31年2月6日、オランダから車いすバスケットボール銅メダリストMariska Bijer(マリスカ・バイエル)選手、Bo kramer(ボー・クラーメル)選手、そしてオランダオリンピック委員会・スポーツ連合(NOC*NSF)事務局の障がい者スポーツ専門家Rita van Doriel(リタ・ファン・ドリエル)氏、パラスポーツコンサルタントMarjolijn de Boer(マヨライン・デ・ブーア)氏が来日。

今回は、区立小・中学校、特別支援学校の児童・生徒とスポーツを通じた様々な事業と地域のスポーツ指導者への講習会を実施しました。

オランダスタッフ紹介

Mariska Bijer(マリスカ・バイエル)選手

第三回マリスカ・バイエル2

オランダ代表車いすバスケットボール選手でロンドン、リオパラリンピック銅メダリスト

オランダ代表チームは、2018年の世界選手権で優勝し、マリスカ選手が最優秀選手に選出された

Bo Kramer(ボー・クラーメル)選手

ボー・クラーメル2

 

 

 

 

 

 

提供:オランダオリンピック委員会・スポーツ連合

オランダ代表車いすバスケットボール選手で、リオパラリンピック銅メダリスト

13歳の時に車いすバスケットボールに出会い、15歳で初めて代表チームに選出された

Marjolijn de Boer(マヨライン・デ・ブーア
障がい者スポーツコンサルタント

マヨライン氏
提供:オランダオリンピック委員会・スポーツ連合  
特別支援を必要とする人を対象としたスポーツコンサルタント
 MEE(ロッテルダム)スタッフ(2012年-現在)

Rita van Driel(リタ・ファン・ドリエル)氏
障がい者スポーツプログラムマネージャー

Rita van Driel
提供:オランダオリンピック委員会・スポーツ連合

オランダオリンピック委員会・スポーツ連合(NOC*NSF)
 障がい者スポーツプログラムマネージャー(2008年-現在)
◆オランダ国内
 オランダパラリンピック委員会事務局長(2008年-現在)
◆国際パラリンピック委員会(IPC)
 IPC理事会理事(2009-現在)
 IPC開発委員会委員長(2010年-現在)
◆国際オリンピック委員会(IOC)
 2022年大会調整委員会メンバー(2016年-現在)

小・中学校交流事業

花畑地域の小・中学校でパラアスリート講演会、実技見学、体験会を実施しました。

【日時・場所・参加校】
第3回小中学校交流事業人数・確定版

第三回小中学校交流事業・講演会  第三回小中学校交流事業・1on1
何事にも限界はないことを学びました    迫力ある1on1

第三回小中学校交流事業・車いす鬼ごっこ2  第三回小中学校交流事業マリスカ・給食
メダリストとの鬼ごっこ          おいしい給食を食べながら交流

子どもたちは、実際に競技用車いすを操り、車いすバスケットボールの選手と鬼ごっこに挑戦しました。トップアスリートの鋭く、速い動きに大苦戦でした。

小・中学校、特別支援学校交流事業

特別支援学校と、小・中学校の児童・生徒とスポーツを通じた交流事業を実施しました。

【日時・場所・参加校】
第三回新・小中学校、特別支援学校人数

第三回小中学校・特別支援学校・卓球バレー    第三回小中学校・特別支援学校・ボッチャ
卓球バレー                  ボッチャ

子どもたちは、卓球バレー体験を通じて、障がいがあってもルールや、やり方を工夫をすることで一緒にスポーツを楽しめることを学びました。また、ボッチャの体験では特別支援学校と小・中学校混合チームをつくり交流を深めました。

卓球バレーとは

卓球台と音のなるピンポン玉、そして木の板のラケットを使い、バレーボールのように戦うチームスポーツです。1チーム6人でイスまたは車いすに座り、パスを回しながら3打以内にコート中央のネット下を通して相手コートに返します。障がい者や高齢者、子どもも一緒に楽しめるのが魅力です。

ボッチャとは

ボッチャとは、ヨーロッパで生まれたパラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標玉)と呼ばれる白いボールに赤、青それぞれ6球ずつボールを投げる、転がすなどしていかに近づけられるかを競います。

障がい者スポーツ指導者ワークショップ

ワークショップでは、区内を6ブロックに分けてグループをつくり、地域ごとの課題や、取り組みを話し合いました。また、オランダのスポーツサービスポインント(SSP)を学び、足立区版SSPの導入について議論しました。

【日時・場所・参加者】
第三回新・新・障がい者スポーツ指導者人数

第三回障がい者スポーツ指導者ワークショップ1    第三回障がい者スポーツ指導者ワークショップ2
グループごとに分かれての会議         パラアスリートからアドバイスをもらいました

リタ氏からは、次回に向けて各ブロックで、障がい者スポーツについての取り組みを提案する宿題が出されました。区内6ブロックの地域スポーツミーティングで定期的なワークショップを開催していきます。

スポーツサービスポイント(SSP)とは

スポーツサービスポイントは、障がい者がスポーツをしやすい環境をつくるためにオランダが取り入れている仕組みのことです。障がいのある方がスポーツをやりたいと思った場合、相談する窓口を一本化することで、その方にあったスポーツや施設、団体を紹介することができます。

障がい者スポーツフェスティバル

2月3日(日曜日)に開催された障がい者スポーツフェスティバルにもオランダのパラアスリートが参加しました。

第三回障がい者スポーツフェスティバル車いすバスケ  第三回障がい者スポーツフェスティバル・吹き矢
車いすバスケット体験会     マリスカ選手がスポーツ吹き矢に挑戦

第三回障がい者スポーツフェスティバル・卓球バレー  第三回障がい者スポーツフェスティバル・ボッチャ
卓球バレー             ボッチャ  

イベント会場では、パラリンピック銅メダリストによる車いすバスケット体験会を実施、多くの方が楽しみました。                                    

オランダ連携プロジェクトとは?

オランダ連携「Game Changerプロジェクト -パラスポーツで社会を変える-」は、2017年から2020年までの4年間、足立区、江戸川区、西東京市の3自治体が、共生社会の先進国であるオランダとの連携により、パラスポーツ(障がい者スポーツ)の力を活用して各自治体の地域における社会課題の解決を図る連携事業です。

足立区では「学校」「地域スポーツ(総合型地域クラブなど)」「スポーツイベント」3つのフィールドで学習や体験活動を行います。

「学校」

都立特別支援学校がある花畑地域で事業を実施。
地域の区立小・中学校にオランダのアスリートが訪問。スポーツの持つ力やモチベーションの保ち方などの講演やスポーツ体験を通して、子どもたちのたくましく生き抜く力を育みます。
都立特別支援学校と区立小・中学校の交流により、子どもたちの障がい者理解を育み、地域でいっしょにスポーツを楽しめるような社会を目ざします。

「地域スポーツ」

区内に9か所ある総合型地域クラブを中心に、パラスポーツ事業を推進。学校以外でスポーツをする環境や機会が限られていた障がい者にスポーツの場を提供。さらに地域との交流を図ります。
パラスポーツ指導者を育成していきます。

「スポーツイベント」

パラスポーツの体験・交流事業を実施。パラスポーツの魅力を伝えるとともに、障がい者との交流を推進します。
オランダ連携プロジェクトのパネル展示等を行い、広く事業をPRしていきます。

「Game Changer」とは

試合の流れを大きく変える選手のこと。
転じて社会の仕組みやルールを大きく変革する取り組みや人のことを指しています。

共生社会

これまでかならずしも十分に社会参加できる環境になかった、障がいや様々なハンディキャップのある方々が、地域による助け合いや、バリアフリーなどの整備によって積極的に参加できる社会。

関連リンク

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

政策経営部経営戦略推進担当課オリンピック・パラリンピック担当

電話番号:03-3880-5492

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all