• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 届け出 > 亡くなられた時の手続き > 障がいのあるお子さんを養育している方の手当

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

障がいのあるお子さんを養育している方の手当

 一定の障がいの状況にある20歳未満のお子さんを養育している方に支給されます。

 

■児童育成手当(障害手当) 

 身体障害者手帳1~2級程度、愛の手帳1~3度程度、脳性マヒまたは進行性筋萎縮症のいずれかの障がいの状態にある20歳未満のお子さんを養育している方を対象に支給します。

 

■特別児童扶養手当 

 身体障害者手帳1~3級程度、または愛の手帳1~3度程度の障がいの状態にある20歳未満のお子さんを養育している方を対象に支給します。  

 

※各手当には所得制限があります。

(1)手当を受給している方が亡くなられた場合

 児童育成手当(障害手当)・特別児童扶養手当を受給されている方が亡くなられた場合、亡くなられた月までの未払いの手当は、お子さんに支払われます。また、新たにお子さんを養育する方は、受給者を変更するためのお手続きが必要です。

 

未払いの手当について

【 請求できる方 】 支給対象のお子さんの中で一番年上のお子さん

【 請求期限 】     児童育成手当=亡くなられた日以降の手当支給日から5年以内

                             特別児童扶養手当=亡くなられた日以降の手当支給日から2年以内

【 必要な書類等 】 1.お子さんの印鑑≪スタンプ印不可≫

              2.お子さん名義の預金通帳

 

新たに障がいのあるお子さんを養育する方のお手続き

【 請求できる方 】 

 一定の障がいの状態にあるお子さんを養育している方

 

【 対象にならない方 】 

 お子さんが児童福祉施設等に入所している場合 ※例外あり

 

【 支給開始時期 】 

 ・手当の支給は、請求した月の翌月分から開始となります。

 ・月末までに請求ができない場合は、死亡後15日以内に請求すれば、死亡した日が属する月の翌月分

 から支給開始となります。

 

 【 必要な書類等 】

  1. 障がいの状況を確認できるもの
  2. 印鑑 ≪スタンプ印不可≫
  3. 申請者名義の預金通帳
  4. 申請者とお子さんの戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本) ※特別児童扶養手当のみ
  5. マイナンバー(個人番号)を確認できる書類 ※特別児童扶養手当のみ 

 ※その他申請に必要な書類は世帯の状況により異なります。申請前に係窓口でご相談ください。
 ※証明書類は発行から1ヶ月以内のものが必要です。

 

窓口

親子支援課親子支援係(本庁舎中央館3階) 電話 3880-5883 FAX 3880-5573

 

(2)お子さんが亡くなられた場合

 児童育成手当(障害手当)・特別児童扶養手当の支給対象のお子さんが亡くなられた場合、亡くなられた月までの手当が支給されます。

 

必要な書類等

  1. 印鑑 ≪スタンプ印不可≫
  2. 特別児童扶養手当証書

 ※2については、お持ちの方のみご持参ください。

 

窓口

親子支援課親子支援係(本庁舎中央館3階) 電話 3880-5883 FAX 3880-5573

※お子さん自身が受けていた障がい者福祉サービスについては、「障がい者福祉サービス利用者(手当・燃料費助成の届出など)」のページをご覧ください。

お問い合わせ

親子支援課親子支援係
電話番号:03-3880-5883(直)
ファクス:03-3880-5573
Eメール:oyakoshien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?