• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 足立の魅力BOX > 足立を知る! > 今日話したくなる!?「アダチシキ」 > 区内を流れる川の名前(綾瀬川・毛長川)

ここから本文です。

更新日:2017年7月8日

区内を流れる川の名前(綾瀬川・毛長川)

地図(綾瀬川・毛長川)

※いずれも諸説あり

綾瀬川の由来は「あやし」

現在も綾瀬川を境にして西綾瀬と綾瀬・東綾瀬が存在しているように、綾瀬川は地名に大きな影響を与えてきたのじゃな

かつて綾瀬川は雨が降るたびに氾濫して、川の流れが変わっていました。その様子が「あやし(不思議であるという意味の古語)」であったことから「あやしの川」と呼ばれ、時代の経過とともに「あやし」が「あやせ」と言葉を変えたと言われています。
綾瀬川は地域の生活に密着した存在であったことから、1889(明治22)年の町村制施行で誕生した綾瀬村(現在の青井・足立・綾瀬・弘道・西綾瀬に相当)の由来になりました。

 

毛長川の由来は「髪の毛」

川に浮きあがった髪の毛は、その後ご神体として毛長神社(草加市)にまつられたそうじゃ

川口市から花畑へ流れる毛長川には、髪の毛にまつわる言い伝えがあります。昔、新里村(現在の草加市)の長者の娘が、川を挟んだ舎人の長者の息子と結婚しました。しかし、嫁ぎ先の両親との不仲などが原因で、娘は川に身を投げてしまったのです。それから数年後のある日、川にその娘の長い髪が浮きあがったことから、毛長川と呼ばれるようになりました。

 

参考資料

  • 足立百の語り伝え
  • 続・足立の語り伝え 六十六話
  • ブックレット足立風土記6

お求めのかたは「郷土博物館の刊行物」をご覧ください。
区内図書館でも閲覧することができます。在庫についてはお近くの図書館にお問い合わせください。

お問い合わせ

広報室報道広報課

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?