ホーム > 戸籍・税・保険 > 後期高齢者医療制度 > 納付 > 後期高齢者医療保険料のATM、パソコン・携帯、クレジットカードでの納付

ここから本文です。

公開日:2019年9月26日 更新日:2023年9月6日

後期高齢者医療保険料のATM、パソコン・携帯、クレジットカードでの納付

ペイジーマークのついている納付書は、下記の納付方法を利用できます。
納付書に記載されている納期限までに納付してください。
領収証書は発行されませんので、領収証書が必要な方は窓口納付をご利用ください。
なお、金融機関のシステムメンテナンス等によりご利用できない日及び時間がありますので、ご了承ください。

ATMで

窓口に並ばなくても、ペイジーマークのついた金融機関のATMで納付できます。
画面の指示に従って、納付書に記載されている番号を入力していきます。
金融機関によっては時間外手数料がかかる場合があります。

利用できる金融機関などは、ペイジーのホームページをご覧ください。
ペイジーホームページ(外部サイトへリンク)

パソコンや携帯電話で

インターネットバンキング(パソコン)・モバイルバンキング(携帯電話)で、時間や場所を問わず、いつでも納付できます。
利用する金融機関のホームページからインターネットバンキング・モバイルバンキングに接続し、画面の指示に従って、納付書に記載されている番号を入力していきます。

インターネットバンキング・モバイルバンキングを利用するためには、事前に金融機関との契約が必要です。契約方法は各金融機関へお問い合わせください。

利用できる金融機関などは、ペイジーのホームページをご覧ください。
ペイジーホームページ(外部サイトへリンク)

モバイルレジ

モバイルレジのアプリをインストールし、アプリで納付書に印刷されたバーコードをスマートフォンやタブレットのカメラで撮影して読み取ることができるため、番号や金額などを入力する手間が省けます。

QRコードR5.8/31

モバイルレジQRコード

※バーコードがない納付書や指定納付期限の過ぎている納付書は、モバイルレジでの納付はできません。また、傷や汚れなどによってバーコードを読み取れない納付書もお取り扱いできません。         

※利用できる携帯電話や金融機関などは、モバイルレジのホームページをご覧ください。

モバイルレジホームページ(外部サイトへリンク)

モバイルレジアプリDLサイト(外部サイトへリンク) 

モバイルレジ支払用ウェブサイト(外部サイトへリンク)

(1)モバイルバンキング

※利用したい金融機関とモバイルバンキングの契約が必要です。

※金融機関によっては、振込手数料がかかる場合があります。

※フィーチャー・フォン(ガラケー)の取り扱いは令和2年3月末に終了しました。

<用意するもの>

1 納付書(30万円までのバーコードが印字されているもの)

2 カメラ機能のあるスマートフォン・タブレット

<納付手順>

1 スマートフォンまたはタブレットに「モバイルレジ」アプリをインストールします。

2 アプリを起動し、納付書のバーコードを撮影します。

3 支払い内容を確認後、お支払い方法で「モバイルバンキング」を選択します。

4 利用条件の確認、金融機関指定後、ご自身の契約しているネットバンキングにログインします。

5 払込口座を選択、払込内容を確認して支払手続きをします。

(2)クレジットカード

※納付金額の他に、下記の表の通り決済手数料(納付者負担)が発生します。

納付金額

(納付書1枚あたり)

決済手数料

(税込)

1円から5,000円 27円
5,001円から10,000円 82円
10,001円から20,000円 165円
20,001円から30,000円 275円
30,001円から40,000円 385円
40,001円から50,000円 495円
以降10,000円増える毎に 110円

 

<用意するもの>

1 納付書(30万円までのバーコードが印字されているもの)

2 クレジットカード

3 スマートフォン・タブレット

<納付手順>

1 スマートフォンまたはタブレットに「モバイルレジ」アプリをインストールします。

2 アプリを起動し、納付書のバーコードを撮影します。

3 支払内容、利用条件を確認し、カード情報を入力します。決済実行を行うと、支払完了画面が表示されます。

スマホ決済アプリ[令和5年4月3日から利用できるアプリが増えます]

あらかじめ登録したスマホ決済アプリの請求書払いサービスを活用して、事前にチャージした残高から納付することができます。

<利用できるスマホ決済アプリ>

・スマートフォンへアプリのダウンロードが必要です。各アプリのダウンロードや支払手順については、各社ホームページをご確認ください。

 

paypay

PayPayホームページ(外部サイトへリンク)

 

・令和5年4月3日より下記のスマホ決済アプリが新たに追加となります。

 

aupay

au Payホームページ(外部サイトへリンク)

 

dbarai

d払いホームページ(外部サイトへリンク)

 

jcoin

J-Coinホームページ(外部サイトへリンク)

 

lineepay

LINE Payホームページ(外部サイトへリンク)

 

<用意するもの>

1 納付書(30万円までのバーコードが印字されているもの)

2 スマートフォン・タブレット

<納付手順>

1 スマートフォン等に対応アプリをインストールし、必要な金額をチャージします。

2 アプリの「請求書払い」を選択し、納付書に印字されたバーコードを読み込みます。

3 納付金額を確認し、支払手続きします。手続きが完了すると、支払完了画面が表示されます。

 

※注意事項(納付の前に必ずご確認ください)

・領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、区役所・区民事務所・金融機関(ゆうちょ銀行及び郵便局を除く)の窓口及びコンビニエンスストア・MMK(マルチメディアキオスク)設置点をご利用ください。

・スマホ決済アプリによる納付は、インターネットのみの取り扱いとなります。コンビニエンスストア、区役所などの窓口では取扱いできません。

・バーコードがない納付書ではスマホ決済アプリでの納付はできません。また、傷や汚れなどによってバーコードを読み取れない納付書もお取り扱いできません。

・ポイント付与などの取り扱いについては、各アプリの事業所へお問い合わせください。

・システムメンテナンス日時はご利用できません。

システムメンテナンス日時

ATM・モバイルレジ・スマホ決済アプリでの納付については、(1)収納代行業者(2)マルチペイメント収納ネットワーク運営機構(外部サイトへリンク)(3)各金融機関のシステムメンテナンス等により、ご利用できない日及び時間がありますので、ご了承願います。

(1)収納代行業者(NTTデータ)

・毎週月曜日1時00分から7時00分

・1月1日0時00分から1月4日7時00分

・6、9月第3日曜日の早朝帯(0時00分から7時00分)

(2)MPNセンタ(日本MPN推進協議会)

・1月1日21時00分から2日5時30分

※モバイルレジの定期休止期間は1月1日20時00分から2日7時00分となります。

・6、9月の第3日曜日の早朝帯(0時45分から5時30分)

※モバイルレジの定期休止期間は前日22時00分から7時00分となります。

(3)金融機関等

・金融機関のシステムメンテナンス等は各金融機関にご確認ください。なお、システムメンテナンスは計画日以外にも実施される場合があります。

関連情報

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

区民部高齢医療・年金課資格収納係

電話番号:03-3880-6041

ファクス:03-3880-5981

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

区役所からの回答メールが届かない、返戻されてしまう事例が増えています。メールでお問い合わせをいただく場合は、インターネットメールの受信設定を確認してからご利用ください。

all