ここから本文です。

公開日:2019年11月25日 更新日:2020年5月1日

防火設備定期検査報告

平成25年10月に診療所の火災で死傷者の被害が出たことなどを受け、建築基準法の改正項目の一つとして、定期報告制度が強化され、新たに防火設備の定期検査報告が創設されました。防火設備の定期検査は、専門的な知識を持った検査者により毎年検査を実施し、その結果を特定行政庁に報告するように義務づけられています。

防火設備とは

定期検査報告の対象となる防火設備は、火災時に煙や熱で感知して閉鎖又は作動する防火設備(防火扉・防火シャッター・耐火クロススクリーン・ドレンチャー等)です。

常時閉鎖式の防火設備、外壁の開口部に設けられた防火設備及び防火ダンパーは防火設備定期検査報告の対象外です。

定期報告対象及び報告時期

防火設備の報告書の提出先

〒160-8353

東京都新宿区西新宿7-7-30小田急西新宿0-PLACE2階

公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター防火設備課

電話03(5989)1937

関連PDFファイル

関連情報


こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

建築室建築審査課設備係

電話番号:03-3880-5278(直通)

ファクス:03-3880-5615

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all