ホーム > 子育て・教育 > 教育についての取り組み > 学力・体力向上 > AI型ドリル教材を区立全小・中学校へ導入しています

ここから本文です。

公開日:2022年11月14日 更新日:2022年11月14日

AI型ドリル教材を区立全小・中学校へ導入しています

足立区は、GIGAスクール構想の「1人1台タブレット環境」を最大限生かすため、令和4年4月より個に応じた問題を出題するAI型ドリル教材「Qubena(キュビナ)」(ウェブアプリケーション)を区立全小・中学校へ導入しています。各小・中学校の学力向上の取組を後押しし、学力向上対策の更なる発展・充実につなげていきます。

※ こちらのページの掲載画像はすべてイメージです。

 

概要

対象:区立小・中学校(全学年)の児童・生徒
教科:国語、社会、算数・数学、理科、英語
活用場面:授業、朝学習、放課後補習、家庭学習など

導入のねらい

基礎学力の定着

個に応じた出題で、一人ひとりのつまずきを効果的に解消し、基礎学力の定着につなげます。

学習習慣の確立

丁寧なヒント・解説機能によって、自学自習を後押しし、学習習慣の確立につなげます。

AIドリルのここがすごい!

AI解析により、一人ひとりのつまずきに対応した問題を出題!

AIがつまずきの原因となっているポイントを特定し、つまずき解消のために、児童・生徒が解くべき問題へと自動的に誘導します。

AI機能

ヒント・解説機能により、自分で学習を進められる!

1問1答形式で、解答するとすぐに正誤が判定されます。

分からない時には、ヒントや解説を確認でき、自分で学習を進めることができます。

ヒント

リアルタイムで学習状況が確認できる!

児童・生徒の正答率や解答時間に加え、解答状況も把握できるので、教員がいち早く必要な個別支援を行うことができます。

リアルタイム

機能紹介

ワークブック(問題集配信機能)

教員が問題集を作成し、児童・生徒へ一括配信できる機能です。児童・生徒は、配信された問題を学習することができます。

教員は生徒の習熟状況にあわせて前後に問題を自動追加するAI機能も設定可能です。

ワークブック

問題一覧(児童・生徒が自分で学習)

問題一覧では、Qubenaに搭載されている問題から教科・単元を選択して学習することができます。

単元内の問題をすべて解くと、正答率や解答速度などの情報をもとに習熟度が算出されます。

問題一覧

習熟度

A:よく理解できている(★マーク)

B:概ね理解できている

C:あまり理解できていない

D:ほとんど理解していない

5分間復習

過去に解いた問題や関連する問題の中から、AIが抽出した復習問題を学習することができます。

利用者の声

児童・生徒

解き方が分からないときでも「ヒント」や「解説」を見ることができて、自分でどんどん進めることができます。
どれくらい自分ができたかAからDで判定されるので、結果が良くなった時に達成感があります。

教員

自分に必要な内容が自動で出題されるため、児童・生徒一人ひとりの効率的で最適な学びにつながっています。
印刷や採点に使っていた時間を、より良い授業づくりに充てられるようになりました。

教材提供事業者

株式会社COMPASS

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育指導部学力定着推進課学力定着推進係

電話番号:03-3880-6717

ファクス:03-3880-5606

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all