ホーム > 健康・福祉 > 高齢者のために > 介護予防 > フレイル予防栄養リーフレット「65歳からはやせてきたら要注意!?」を活用しましょう

ここから本文です。

公開日:2021年3月18日 更新日:2021年3月18日

フレイル予防栄養リーフレット「65歳からはやせてきたら要注意!?」を活用しましょう

歳をとったら粗食で良い、やせてくるのは当たり前だと思っていませんか?

65歳からは、おいしく食べて、体重を管理することが「フレイル(虚弱)」を予防するために大切です。リーフレットには、「こんな手抜きでいいの?シニア必見!お助けレシピ」を載せています。まず、できることから始めてみましょう。

週に1回は体重をはかりましょう

体重が減少してくると要介護状態になる確率が1.6倍上昇するという報告もあります。週に1回は体重をはかり、気が付いたら体重が減っていた、ということにならないようにしましょう。

表紙

食事の3つのポイント

必要な栄養をしっかりとるため、1日3食食べる
筋力や体力の維持のため、毎食、たんぱく質をとる
栄養豊富なため、色の濃い野菜を中心に

お助けレシピを活用してみましょう

中面

リーフレットはこちら↓

リーフレット「65歳からはやせてきたら要注意!?」(PDF:1,205KB)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

高齢者施策推進室地域包括ケア推進課高齢者栄養施策推進担当

電話番号:03-3880-5642

ファクス:03-3880-5614

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all