ここから本文です。

公開日:2021年2月1日 更新日:2021年5月1日

庚申塔
(寛文六年銘)一基 (天和二年銘)一基
(元禄四年銘)一基 (正徳三年銘)一基

■足立区登録有形民俗文化財〈4基それぞれ平成18年3月27日登録〉
■来迎寺(島根3ー11ー9) 【地図】(外部サイトへリンク)

公開(見学の際は、マナーを必ず守ってください)
来迎寺

照凉山阿弥陀院来迎寺(しょうりょうざんあみだいんらいこうじ)は、真言宗室生寺派 の寺院で、創建は建久6年(1195)、天和年間(1681から84)に尊宥和尚により再建されたと伝わります。
山門を入ったところに4基の庚申塔が立っており、写真左側(本堂側)から寛文6年(1666)、天和2年(1682)、元禄4年(1691)、正徳3年(1713)の銘があります。来迎寺の庚申塔は、三猿や六臂(ろっぴ ※六本の手)の青面金剛(しょうめんこんごう)のほか、周辺の人々の名も刻まれています。江戸時代前半に建立された比較的古い形式で、島根周辺の人々の信仰の姿を伝えています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all