ここから本文です。

公開日:2021年1月12日 更新日:2021年5月1日

木造聖徳太子立像(もくぞうしょうとくたいしりゅうぞう)一躯

■足立区登録有形文化財(彫刻)〈昭和57年12月10日登録〉
■延命寺(竹の塚5
2614) 【地図】(外部サイトへリンク)
■非公開

木造聖徳太子立像延命寺山門脇の太子堂に安置されており、寄木造で像高55センチメートルあります。
江戸時代から、胎内銘の存在が知られていましたが、大切に保存されていたため人目に触れることはありませんでした。しかし、昭和51年(1976)の調査で胎内銘が確認され、天文20年(1551)9月に須賀氏と臼倉氏が中心になって制作されたことがわかりました。昭和57年に修復され、往時の輝きを取り戻しています。
なお、延命寺は、「延命寺山門」および板碑1基・庚申塔1基が足立区登録文化財となっています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all