ここから本文です。

公開日:2020年4月15日 更新日:2021年5月1日

江戸御成筋色分之図(えどおなりすじいろわけのず)一鋪

■足立区登録有形文化財(歴史資料)〈平成19年3月28日登録〉
郷土博物館(大谷田5-20-1)・TEL03-3620-9393

■通常は公開していません
江戸御成筋色分之図
高詳細画像(博物館ホームページへリンク)(外部サイトへリンク)

将軍が御成で出かける範囲を示した絵図で、一日で行ける範囲となっており、現在の東京23区とその周辺部が描かれています。六郷筋、練馬筋、品川筋、中野筋、戸田筋、岩渕筋、渕江筋、葛西筋、小金・行徳筋という地域ごとにまとめられた9筋に分かれており、筋ごとに色分けされています。入谷村・古千谷村・舎人村は岩渕筋に含まれていますが、それ以外の足立区全域は渕江筋に含まれています。
「千住町」の南西には「御殿地」があり、これは勝専寺の「千住御殿」です。また、「千住町」から東にのびる水戸街道沿い、隅田川を越えたところに「伊奈半左衛門屋鋪」があり、ここは後に小菅御殿となります。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all