• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2020年1月9日

住民税の特別徴収

給与所得者つまりサラリーマンの住民税は、給与支払者がその人の給与から税額を差し引いて市区町村に納めていただくことになっています。この方法を特別徴収といい、給与支払者を特別徴収義務者といいます。
なお、勤務先の給与以外の所得に対する住民税は、特別徴収分に含めて給与から差し引く方法と特別徴収分とは別にご本人が普通徴収で納付する(特別徴収と普通徴収の併用)方法があります。

↑税額の算出から納税の流れ

特別徴収を行うメリット

特別徴収には従業員のかたに対して以下のようなメリットがあります。

  • 毎月の給与から差し引きされますので、毎期ごとに銀行などに納めに行く必要が無くなり、納め忘れの心配も無くなります。
  • 1年分の税額を12回に分けるので、普通徴収(年4回)に比べて1回分の税額が少なくなり、納めやすくなります。

期間と納期限

年税額を6月から翌年の5月までの12回に分けて納めていただきます。
納期限は、翌月の10日になります。
(土曜・休日の場合は翌金融機関営業日)

給与の支払人員が常時9人以下の事業所については、年2回払いの納期の特例制度があります。

納める場所

  1. 特別区指定金融機関・特別区公金収納取扱店
    (銀行・信用金庫・信用組合・農協)
  2. 東京都・山梨県及び関東各県所在の郵便局
    (上記以外の郵便局を利用する場合は、当区の取扱局として指定しなければなりません。「指定通知書」をお送りいたしますので、課税課までご連絡ください。)
  3. 足立区役所または区内の各区民事務所

納期限後に納付される場合は、納税課収納管理係までご連絡ください

特別徴収の完全実施について

 地方税法により、所得税源泉徴収義務のある給与支払者(会社等)は、特別徴収義務者として、給与から個人住民税を差し引き、区市町村へ納入(特別徴収)することが義務付けられています。このため、全国的に住民税の特別徴収の徹底が図られており、足立区でも全ての事業者において特別徴収の指定を行っています。事業者や従業員の都合で普通徴収にすることはできません。
 ただし、以下の条件に該当する場合は普通徴収(納税者自らが納付書により納税する方法)も可能です。

 普通徴収が認められる基準

(普A)会社経営者と総従業員数の合計が2人以下。(他の区市町村への給与支払報告書の提出者数を含む事業所全体の人数から(普B)から(普F)までの理由の該当者を除いた人数)
(普B)他の事業所で特別徴収されている。
(普C)給与が少なく税額が引けない。(例:年間の給与支払額が100万円以下)
(普D)給与の支払いが不定期。(例:給与の支払いが毎月ではない)
(普E)事業専従者(給与収入のある個人事業主は、特別徴収の対象となります)
(普F)退職者または5月末までの退職予定者。(休職等により4月1日現在で給与の支払を受けていないものを含む)

 

お問い合わせ

区民部課税課課税第一係 から 課税第四係

電話番号:03-3880-5418 , 03-3880-5230 , 03-3880-5231 , 03-3880-5232

ファクス:03-5681-7665

Eメール:kazei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?