ホーム > 区政情報 > 区政運営 > 財政 > 予算 > 当初予算案 > 足立区予算案(令和4年度当初予算案 予算編成のあらまし)

ここから本文です。

公開日:2022年1月31日 更新日:2022年2月28日

足立区予算案(令和4年度当初予算案 予算編成のあらまし)

守り・支え・未来へ繋ぐ 足立区をもっと元気に

はじめに

 

 令和4年度の予算案は「守り・支え・未来へ繋ぐ 足立区をもっと元気に」と名付けました。
 申し上げるまでもなく、コロナ禍による影響は区政全般に影を落としています。区民の健康や区内経済をはじめ、人とのかかわりが極端に減ったことで、人間関係の希薄化ばかりか、地域力の低下など、目には見えない部分の諸課題も懸念されます。
 そこで予算案には「傷ついたところや疲弊したところにできる限り手を差し伸べ、守り支え、かつ未来への持続可能性をもしっかり確保していく」という意味を込め、区民の皆様にコロナの先にも目も向けて希望をもっていただけるような予算を目指しました。

 

1 令和3年を基盤に更なるコロナ対策を

 

 行政の予算は単年度ごとに取りまとめるわけですが、事業や施策そのものが年度ごとにブツブツと切れるわけではなく、また区政の目指す目標も、コロコロ変わるわけではありません。そこには計画的な、継続性が存在します。

 特に新年度は、迅速なコロナ対応を目的に異例の10回の補正予算(令和4年1 月31 日現在)を組み、当初予算額3,120 億円に対し約364 億円を追加計上した令和3年度に続く予算編成です。年が明け、コロナは収束どころか、新たに変異したオミクロン株の急拡大で新規感染者が爆発的に増加しており、3回目のワクチン接種をはじめ、これまで実施してきた医療現場に対する様々な対応を継続するとともに、相談・検査体制の拡充も含め新年度のコロナ関連予算は137 億円に上ります〔詳細は、『令和4年度予算編成のあらまし』P24からP26〕。

 また事業の本体部分は新年度予算の中に計上しているものの、令和3年度内に事務手続きに関わる予算を債務負担行為として定めた消費喚起事業など、例年以上に予算内容に継続性が色濃く出ているのが特徴です。「元気を呼び込む」ためにも令和4年度の単年度ではなく、令和3年度からの流れで考えています。

 

2 区内経済の活性化

 

 区内経済の活性化支援も新年度の目玉予算の一つです。特に消費喚起策は年間を通じて切れ目なく3事業を展開します。一方企業支援ですが、令和3年に区内事業者3,000 社に対して実施したアンケート調査の結果から、「売り上げを増やすといっても何から手を付けていいかわからない」「困りごとの相談先がわからない」との回答が一定数に上ったことから、手取り足取り各事業者のお困りごとに寄り添う「事業者なんでも相談員」制度と併せて、現在では基本中の基本ともなった事業者のホームページについても、開設から更新まで支援する新制度を新たに立ち上げ、これまでの国内外への販路拡大支援事業との両輪で、区内事業者全般の後押しができるよう、きめ細かく対応していきます。

 

3 災害対策の施策充実

 

 世論調査の結果からも明らかなのが、災害対策の強化へのご要望です。新年度には新災害情報システムが本格稼働し、災害ポータルサイトを通じてより有益な情報発信が可能となります。また水害時の要支援者の個別支援計画に避難所でのケアも含めるなど、より一層の強化を図ります。

 

4 エリアデザインと学校跡地のプロジェクト

 

 エリアデザインに関しても、令和5から6年度に向けて更なる進展が期待できる年となります。江北エリアは(仮称)江北健康づくりセンターの建設、綾瀬・北綾瀬エリアでは駅前広場の整備が本格化、旧千寿第五小学校や鹿浜西小学校・北鹿浜小学校の跡地活用など、大規模プロジェクトが続きます。区民要望に沿った、かつ真に必要な施設を計画的に設置していきます。

 

5 区制90周年

 

 折しも令和4年度は区制90周年の節目の年に当たります。昭和7年の10月に産声を上げた当区。誕生1世紀となる100周年に向けて、どのような方向性を目指して前進していくのか、目標を見定めてスタートを切る重要な一年でもあります。少子超高齢社会にあって、区民の皆様に選ばれ、誇りをもって住み続けたいと感じていただけるような足立区を目指して、庁内体制を整えて、期待にお応えしていく所存です。

 

6 頼りにされる責任と自覚

 

 現在は感染爆発とも呼べるような状況が顕在化しており、新年度の先行きは不透明と言わざるを得ません。このような時だからこそ、地域の皆様が頼りにされるのは最も身近な自治体である私たちです。その自覚と責任感を持って新年度に臨みます。

 

 

足立区長 近藤 やよい

 

詳しくは、下記の資料(予算編成のあらまし)をご覧ください。
令和4年度予算編成のあらまし(93ページ)(PDF:12,579KB)

令和4年度補助金・助成金予算一覧表(PDF:690KB)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

政策経営部財政課財政担当

電話番号:03-3880-5814

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all