ホーム > まちづくり・都市計画 > 公共交通・道路・橋梁 > 鉄道立体と関連まちづくり > 経過 > 歩道橋の使用停止および踏切を移設しました

ここから本文です。

公開日:2016年12月14日 更新日:2019年12月27日

歩道橋の使用停止および踏切を移設しました

歩道橋の使用停止

高架化工事の進捗に伴い、平成28年12月13日から竹ノ塚駅南側(第37号踏切)脇の歩道橋が使用できなくなりました。東西を横断する方法として、仮設地下自由通路が11月30日から開通しています。仮設地下通路は、自転車もご利用できます。

※伊興大境保育園前の歩道橋使用停止は、平成29年春頃を予定しています。

写真:使用停止にした歩道橋

竹ノ塚駅北側の踏切の移設

高架化工事の進捗に伴い、竹ノ塚駅北側の踏切(第38号踏切)が、仮ホームの支障となるため、平成28年12月14日から谷塚方に移設しました。

移設後は、歩行者・自転車専用になります。(自動車の通行は不可)

写真:竹ノ塚駅北側の踏切の移設について

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

都市建設部 鉄道立体推進室 鉄道関連事業課
電話番号:03-3880-5484
ファクス:03-3880-5605
Eメール:t-rittai@city.adachi.tokyo.jp

all