ホーム > 健康・福祉 > 障がいのある方のために > 事業者の方へ > 障がい福祉サービス事業所向け様式(都区加算)

ここから本文です。

公開日:2019年6月10日 更新日:2021年6月17日

障がい福祉サービス事業所向け様式(都区加算)

都・区加算請求様式

足立区が支給決定している障がい者・障がい児が、共同生活援助(グループホーム)または短期入所(ショートステイ)を利用した場合に、都・区加算を算定し請求することができます。請求には下記の様式をダウンロードしてご利用ください。請求時の留意事項は以下のとおりです。

  • サービス実績記録票
    本人確認印または自署によるサインのある原本のコピーを提出してください。
  • 請求書類
    サービス提供翌月10日までに、身体・知的障がい者分は「障がい福祉課障がい経理係」、精神障がい者分は「中央本町地域・保健総合支援課精神保健係」へ、紙ベースで提出(郵送可)してください。
  • 支払金口座振替依頼書
    初めて請求される際には、支払金口座振替依頼書を提出してください。支払口座を変更する場合もこの様式で提出してください。

加算額以外の自立支援給付費・訓練等給付費等は、各都道府県の国民健康保険団体連合会に請求してください。

共同生活援助(グループホーム)都・区加算

足立区が支給決定した障がい者が、東京都の指定を受けた共同生活援助を利用した場合、訓練等給付費に上乗せをした都加算を請求することができます。都加算の概要につきましては都福祉保健局の東京都障害者サービス情報(外部サイトへリンク)を参照してください。

また足立区が支給決定した知的障がい者および身体障がい者が、東京都以外の道府県の指定を受けた共同生活援助を利用した場合、訓練等給付費に上乗せをした区加算を請求することができます(支給決定障がい者の障害支援区分によって、区単価より訓練等給付費が上回る場合は、請求することができませんのでご了承ください)。

令和3年度の報酬改定に伴う、都加算請求様式について、都から配布された様式をアップしました。

短期入所(ショートステイ)都加算

足立区が支給決定した障がい者が、短期入所を利用した場合、介護給付費に上乗せをした都加算を請求することができます。都加算の概要につきましては都福祉保健局の東京都障害者サービス情報(外部サイトへリンク)を参照してください。

令和3年度の報酬改定に伴う、都加算請求様式について、都から配布された様式(5月17日に再配布されたもの)をアップしました。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課障がい施策推進担当

電話番号:03-3880-5407

ファクス:03-3880-5754

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all