ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 足立区地域防災計画・その他施策 > 防災行政無線設備のデジタル更新について

ここから本文です。

公開日:2019年10月31日 更新日:2020年7月3日

防災行政無線設備のデジタル更新について

災害時等に速やかに情報を伝達する手段として、防災行政無線屋外拡声装置(スピーカー)を設置していますが、現在のアナログ設備は電波法令の改正により2022年11月30日をもって使用できなくなります。

そこで、2020年度までの4箇年でデジタル方式完全移行を目指し、2017年度より無線方式をデジタル化する事業を開始しました。

更新にあたり区内の音達調査を実施したところ、無線放送が「聞こえない」、「聞き取りづらい」地域があることが判明しました。この状態を改善するために、現在の設備を更新すると同時に、放送設備を142箇所から201箇所に増やし音が届く範囲を広げていきます。

2017年度末時点 2020年完全移行後
現行音達図 移行後音達

最大音量時の音達予想図です。

現在の進捗状況

整備方針

 2017年度(平成29年度) 10箇所

 2018年度(平成30年度) 70箇所

 2019年度(令和元年度)  71箇所

 2020年度(令和2年度)  50箇所(予定)

子局設置箇所

2017年度(PDF:57KB)

2018年度1.(PDF:83KB)

2018年度2.(PDF:103KB)

2019年度1.(PDF:87KB)

2019年度2.(PDF:92KB)

2020年度(PDF:85KB)

聞こえなかったとき

「放送が聞き取れなかった」、「もう一度聞きたい」ときは、放送内容を電話で確認することができる電話応答サービス(03-3880-5487)を導入していますので、ご利用ください(放送終了後24時間以内の内容を聞くことができます)。

 

 また、こちらのページでは、放送内容を文字情報で配信しております。

近隣にお住いのみなさまへ

スピーカーから離れた地区にお住まいの方に比べて、どうしても聞こえる音量が大きくなってしまいます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、防災行政無線の趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

総合防災対策室災害対策課

電話番号:03-3880-5837

ファクス:03-3880-5607

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all