ホーム > 仕事・産業 > 農業振興 > 農業振興情報 > 東京都エコ農産物認証制度

ここから本文です。

公開日:2020年1月10日 更新日:2020年1月10日

東京都エコ農産物認証制度

東京都エコ農産物認証制度とは?

東京都エコ農産物認証制度とは、土づくりの技術や、化学合成農薬と化学肥料削減の技術を取り入れ、化学合成農薬と化学肥料を東京都が定めた慣行使用基準から削減した農産物に対し、東京都より認証を受けるものです。

削減割合に応じて、東京エコ25、東京エコ50、東京エコ100に区分されます。

認証区分

化学合成農薬の削減割合

25%以上

50%以上

100%(不使用)

化学肥料の
削減割合

25%以上

東京エコ25

-

-

50%以上

-

東京エコ50

-

100%(不使用)

-

-

東京エコ100

認証を受けた農産物は、認証マークをつけて販売することができます。

東京都は、認証農産物の安全性を確認したり、ホームページで情報を提供したりします。

認証期間は5年間です。継続したい場合は、継続の申請を行う必要があります。

制度の詳細につきましては、『東京都エコ農産物認証(外部サイトへリンク)』をご覧ください。
(リンク先は別ウィンドウで開きます)

東京都エコ農産物認証者一覧

現在足立区では、6経営体が認証を受けていますので、紹介します。

今後認証者が出た際は、順次更新していきますので、是非定期的にご確認ください。

認証番号

氏名

東京エコ25

東京エコ50

東京エコ100

認証期間

121001

石山邦彦

-

-

ネギ春まき
ブロッコリー夏まき
エダマメ普通
コマツナ春から秋まき(露地)

イチジク

カキ

ユズ

キャベツ秋

トマト早熟・普通(露地)

ナス

ピーマン

オクラ

サトイモ

ダイコン春まき・夏まき・秋まき・冬まき

ラッカセイ

カボチャ

ルッコラ春まき・秋まき

ハクサイ秋まき

シュンギク秋まき

ニンジン春まき・夏まき

コカブ秋まき

ミズナ秋まき

2016年1月1日から2020年12月31日まで

121002

宇佐美一彦

コマツナ冬まき(施設)・春から秋まき(施設)

-

-

2017年1月1日から
2021年12月31日まで

121003

江川浩

コマツナ春から秋まき(施設)・冬まき(施設)

-

-

2018年1月1日から
2022年12月31日まで

121004

冨澤松夫

トマト半促成(施設)

キュウリ半促成(施設)

ナス早熟

ホウレンソウ秋まき・冬まき

コマツナ春から秋まき(施設)・冬まき(施設)

-

-

2018年1月1日から
2022年12月31日まで

121005

清水太樹・華菜子

-

-

エダマメ早熟・普通

キャベツ夏まき秋冬どり

ダイコン夏まき・秋まき

ナス早熟

ニンジン夏まき

ニンニク普通

ブロッコリー夏まき

ラッカセイ普通

カキ

ユズ

レモン

2019年1月1日から
2023年12月31日まで

121006

小泉大和

(足立区都市農業公園、代表者)

-

-

モロヘイヤ早熟・普通

ルッコラ春まき・秋まき

レタス春まき・夏まき・秋まき

ミズナ春から秋まき

サツマイモ普通

ハクサイ秋まき

ピーマン早熟

ブロッコリー春まき

ホウレンソウ秋まき・冬まき

ミニトマト早熟・普通(露地)

ズッキーニ早熟・普通

ダイコン春まき

タマネギ秋まき

チンゲンサイ春まき・夏まき

トマト早熟・普通(露地)

サヤエンドウ秋まき

ジャガイモ春作

シュンギク秋まき

ショウガ半促成・普通

スイカ早熟

キャベツ春まき夏どり

キュウリ早熟・普通(露地)

コカブ冬まき・春まき

コマツナ春から秋まき(露地)

サトイモ普通

アスパラガス半促成長期どり

ウメ

エダマメ早熟・普通

オクラ普通

カボチャ普通

ナス早熟

ニガウリ普通

ニンジン春まき

ニンニク普通

ネギ秋まき

ラッカセイ普通

トマト半促成(施設)

ミニトマト半促成(施設)

小麦普通

水稲普通

ブロッコリー夏まき

ダイコン夏まき・秋まき

チンゲンサイ秋まき・冬まき

キャベツ夏まき秋冬どり

コカブ夏まき・秋まき

ニンジン夏まき

 

2020年1月1日から

2024年12月31日まで

必ずしも認証を受けた農産物が、対象の時期に作付けされているとは限りません。

東京都エコ農産物認証を受けたい方は…

東京都エコ農産物認証を受けたいとお考えの方は、『東京都エコ農産物認証(外部サイトへリンク)』ページ下部の「東京都エコ農産物認証制度パンフレット」をご覧ください。

認証を受けることにより、認証マークを使うことができたり、都などのホームページで紹介されたりと、ご自身の農産物をPRすることができますので、是非ご検討ください。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

産業経済部産業振興課農業振興係

電話番号:03-3880-5866

ファクス:03-3880-5605

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all