ホーム > 仕事・産業 > 農業振興 > 農業体験(区民農園・ボランティア) > 足立農すくーる(農業体験型農園)

ここから本文です。

公開日:2020年2月10日 更新日:2022年9月1日

足立農すくーる(農業体験型農園)

足立区では、農地(生産緑地)を保全すると共に、幅広い年齢層の方々に農業体験を楽しんでいただくために、「足立農すくーる(農業体験型農園)」の開園を支援しています。

「足立農すくーる」とは?

園主である農家が管理・運営し、利用者は園主から農作業を教わりながら野菜作りなどを体験する農園です。利用者が自由に農作業する「区民農園」とは異なり、自由に野菜を作ることはできませんが、園主の指導がありますので、初心者でも気軽に農作業を楽しむことができます。


農園一覧 令和4年2月現在

農園名

所在地

区画数

中郷(なかごう)体験農園

入谷5-3

30

高野(こうや)ファーム 興野2-31 33

皿沼(さらぬま)ファーム

皿沼3-3

40

小宮(こみや)体験農園 東保木間1-25 44

令和4年度の募集は終了しました。

※次回(令和5年度)の募集は令和5年1月です。「あだち広報」や区のホームページで募集状況をご確認ください。

利用できる方

20歳以上の方

足立区在住でなくても利用できます。

利用料

年額:47,000円から51,000円(1区画・約30平方メートル)

入園料、講習、種、肥料、収穫した野菜などの代金が含まれています。
年間20種類以上の野菜を収穫する予定で、自分の区画で収穫した野菜はすべて利用者が持ち帰ることができます。
(春・夏)トマト、キュウリ、枝豆など
(秋・冬)里芋、ネギ、大根など

農園によって、収穫できる野菜は異なります。利用者が自由に野菜を作ることはできません。

利用期間

約1年間(園主との相談により更新可能)

講習

月1、2回程度の講習があります。
※講習時以外でも自由に入園できます。

設備など

水道やトイレなどがあります。
農具はすべて園主が用意します。

農家の皆様へ

区では、農すくーるの開園、運営のため、様々な支援を行っています。農すくーるについて、興味がある、くわしく知りたいという農家の方は農業振興係へお問合せください。

足立区の農産物をご存知ですか?

区内農業者の協力により、足立区の農業PR動画を作成しました。(2分29秒)

農業PR動画(外部サイトへリンク)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

産業経済部産業振興課農業振興係

電話番号:03-3880-5866

ファクス:03-3880-5605

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all