• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 仕事・産業 > 中小企業支援 > 助成金・補助金 > 知的財産権認証取得助成金のご案内

ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

知的財産権認証取得助成金のご案内

要件確認および提出書類の確認を行いますので、申請前に必ず下記問合せ先までご連絡ください。

助成金の対象者(次のすべてに該当すること)

  • 足立区内に本社もしくは主たる事業所がある中小企業であること。
  • 過去に同一の知的財産権で本助成金を受けていないこと。
    (同一の知的財産権での助成金申請は、1度のみ可能です。)
    特許権で申請し助成金を受け、その後意匠権で申請〇対象になります
    特許権で申請し助成金を受け、その後再び特許権で申請×対象になりません
  • 登録証の登録日から1年以内に申請すること。
  • 同一内容で他の公的助成または認定を受けていないこと。

助成対象

  • 特許権
  • 実用新案権
  • 意匠権
  • 商標権

(対象となる知的財産権は国内認証に限ります。)

助成対象経費

  • 出願料
  • 登録料
  • 審査請求料又は技術評価請求手数料
  • 弁理士等費用
  • 電子化手数料
  • 製品・技術の権利保護に直接関連性が認められる費用

助成対象外経費以下の経費は対象となりません。ご注意ください。)

  • 登録料の更新登録申請料
  • 譲渡に係る経費
  • 弁理士等の交通費
  • 製品・技術の権利保護に直接関連性が認められない費用

助成金額

成対象経費の半額(限度額30万円、千円未満切り捨て)

助成対象企業数

請は先着順で窓口での提出のみ受付け、予算額に達し次第締切ります。
弁理士等による代行申請は受付けておりません。)

必要書類

  • 助成金交付申請書(PDF:28KB)
  • 知的財産権取得の認定を証する書面(原本及び原本の写し)
    【実用新案については、登録証のほかに「技術評価6の技術評価書」が必要です】
  • 助成対象経費の支払いが証明できる書類(原本及び原本の写し)
    請求書などの、助成対象経費の明細がわかる書類(原本及び原本の写し)
    【見積書、領収書、請求書及び振込依頼書、利用金融機関が発行する証明書類、通帳など】
    ※インターネットバンキングなどから振込みされた方は、利用金融機関が発行する証明書類(勘定照合表など)または通帳の原本をお持ちください。(Web上の承認画面を印刷したものは不可)
  • 登記事項証明書(原本及び原本の写し、発行日より3ケ月以内のもの)
    【個人事業主の場合は、開業届けの写しもしくは直近の確定申告書】

(所定申請書以外の原本は確認次第、お返しさせていただきます。)

申請期間・方法

要件確認および提出書類の確認を行いますので、申請前に必ず下記問合せ先までご連絡ください。

申請期間:平成31年4月1日から定数に達するまで
申請時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)
申請方法:窓口での提出のみ受付

問い合わせ・申請先

産業振興課ものづくり振興係
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号立区役所館4階
電話03-3880-5869(直通)
ファックス03-3880-5605
Eメールsangyo@city.adachi.tokyo.jp

(参考)中小企業基本法第2条に規定する中小企業の範囲

業種

従業員規模

資本金規模

製造業・建設業・運輸業・その他業種

300人以下

3億円以下

卸売業

100人以下

1億円以下

サービス業

100人以下

5000万円以下

小売業

50人以下

5000万円以下

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業経済部産業振興課ものづくり振興係

電話番号:03-3880-5869

ファクス:03-3880-5605

Eメール:sangyo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?