• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

株式会社マーヤ谷正工場長インタビュー

マーヤ

確かな縫製技術とフットワークで海外と差別化

(株)マーヤは婦人服の縫製を主に行っている。生産コストなどから、衣類製造の大半が海外工場にシフトする中、安定した成長を続けている。その秘訣の1つに同社の技術がある。その繊細かつ多様な縫製技術は厚物から薄物まで、オールアイテムの製作を可能にし、特に超極薄の「メロウ加工技術(※)」は業界で高い評価を得ている。また、「都内に立地」していることで東京に集中する取引先に即応することが可能で、「短納期・高品質」な衣服の納品を実現している。

こうして海外工場では難しい部分を強みとし、業界で地位を確立している。

(※)…生地の端を巻かず、かがり幅を細くし、針目も細くした状態でほつれ止めすること

マーヤ2

子ども服から高級婦人服へ

(株)マーヤの創業は昭和34年。当初は子ども服の製造を中心としていたが、ジャケット専門に移行し、高価格化にシフトしていった。その後、取引先の拡大によるリスク分散などのため、現2代目社長の智さんがスカートやコート等、アイテムを拡大しつつ、高級品に特化し現在に至っている。

挑戦の気持ちで「自社ブランド」を創設

東京工場長を務めるのは社長の息子である、正さん。アパレル販売店で、業界の課題などを目の当たりにする中で「日本製の良さを伝えたい」という想いを抱き、同社を支えることを決意したという。誰もが知る有名グループの衣装製造の受注等、様々な挑戦をする中で、現在は自社ブランド「マーヤ」の立ち上げに取り組んでいる。これは、一般販売だけでなく、同社の技術の広告塔の役割も担っている。マーヤ4

足立区といったら「○○」をつくりたい

「国産ジーンズの発祥の地」の倉敷市など、地域ブランドは高い付加価値を生み出し、地域の活性化・PRにつながると分析する正さん。高い技術力・発想力を持つ足立ブランド認定企業と連携することで、「足立区といったら○○」という製品を生み出し「足立区の魅力向上に貢献したい」と話す。

「足立区の良さは人の良さ。足立区が実施している経営塾でも、いつも良くしてもらっている」。同世代の経営者や先輩経営者などから常に刺激を受け、積極的に勉強する正さんは29歳。メイドイン「ジャパン」の地位をより高め、ゆくゆくはメイドイン「アダチ」、メイドイン「マーヤ」と呼ばれることを夢見て、正さんの挑戦は続いていく。

マーヤ3

このページに関するよくあるご質問

お問い合わせ

産業経済部産業振興課ものづくり振興係

電話番号:03-3880-5869

ファクス:03-3880-5605

Eメール:sangyo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?