ホーム > 戸籍・税・保険 > 後期高齢者医療制度 > お知らせ > マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました

ここから本文です。

公開日:2021年1月5日 更新日:2021年10月20日

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました

令和3年10月20日から、病院や薬局などの医療機関で、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました。

マイナンバーカードを健康保険証として使用するには

マイナンバーカードを健康保険証として使用するには、マイナポータルを使って利用申し込みをする必要があります。

マイナポータルでの利用申し込みは、マイナンバーカードが読み取れるスマートフォンや、高齢医療・年金課の窓口で行うことができます。

なお、利用申し込みをするには、申し込み者本人のマイナンバーカードと、あらかじめ登録した暗証番号(数字4桁)が必要です。

※マイナポータルの詳細は、「マイナンバーについて」をご覧ください。

 

現在お持ちの健康保険証も、今までどおり使えます

マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになりましたが、現在お持ちの健康保険証も今までどおり使用することができます。

マイナンバーカードが健康保険証として使える病院や薬局について

利用できる病院や薬局は、厚生労働省のホームページ「マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局についてのお知らせ」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

マイナンバーに関するお問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

政府広報オンライン(特集マイナンバーカード)(外部サイトへリンク)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

区民部高齢医療・年金課資格収納係

電話番号:03-3880-6041

ファクス:03-3880-5981

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

区役所からの回答メールが届かない、返戻されてしまう事例が増えています。メールでお問い合わせをいただく場合は、インターネットメールの受信設定を確認してからご利用ください。

all