• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > かしこく 使おう ジェネリック医薬品 (東京23区国保連携事業)

ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

かしこく 使おう ジェネリック医薬品 (東京23区国保連携事業)

ジェネリック医薬品とは?

  • これまで使われてきた薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、同等の品質で製造販売される低価格の薬です。
  • 先発医薬品と効果が同等と確認された上で、製造・販売が承認されています。
  • 窓口での患者の負担金は、薬の費用のほか、調剤料などが加わります。
  • 区が配付している『ジェネリック医薬品希望シール』を使って、希望することもできます。(配付先:区民事務所など)
  • ジェネリック医薬品が存在しないなど、ジェネリック医薬品に変更できないこともあります。

pharmacy

問合せ先

お薬全般に関わる安全相談

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(電話)03-3506-9457

ジェネリック医薬品についてだけでなくお薬の飲み合わせや安全性などの全般的な内容で、問い合わせができる窓口です。

足立区のジェネリック医薬品全般についてのお問い合わせ

  • 衛生部データヘルス推進課データヘルス推進係(電話)03-3880-5601

ジェネリック医薬品の使用シェアについて

「ジェネリック医薬品」の使用促進については全国で取り組みが進められており、現在、全国で使用されている薬の5割以上を占めるほど一般的になっています。
足立区でもジェネリック医薬品の利用を進めることに努めています。平成28年度のジェネリック医薬品の利用率は、平成25年度から4年連続で23区で1位となっています。

現在の後発医薬品の数量シェア(平成29年9月15日厚生労働省公表「平成28年度調剤医療費(電算処理分)の動向」より

  • 全国・・・・・68.6%(平成29年3月保険請求分)
  • 東京都・・・64.1%(平成29年3月保険請求分)
  • 足立区・・・68.4%(平成29年3月保険請求分)

お問い合わせ

区民部国民健康保険課保健事業担当
電話番号:03-3880-5018
ファクス:03-3880-5618
Eメール:kokuho@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?