ホーム > 区政情報 > 区政運営 > 監査 > 監査結果及び監査結果に基づき講じた措置等

ここから本文です。

公開日:2020年2月5日 更新日:2020年6月29日

監査結果及び監査結果に基づき講じた措置等

  • 各種監査の結果とそれに基づき講じられた措置等を公表します。
    また、このホームページのほかに、次の場所でも監査の結果を閲覧することができます。
    区政情報課(区役所中央館2階)、監査事務局(区役所南館6階)

令和元年度定期監査(第三期)結果の概要

1監査の範囲

主として平成30年度の財務に関する事務及び事業の執行等について監査を行いました。

2監査の期間

令和元年11月1日から令和2年1月27日まで

3監査の対象

区民部、地域のちから推進部、福祉部、会計管理室、選挙管理委員会事務局

4監査の結果

意見・要望事項が1件ありました。

公益活動げんき応援事業助成金の交付について【区民参画推進課】

区民参画推進課では、足立区公益活動げんき応援事業助成金交付要綱(以下「交付要綱」という。)に基づき、公益団体の活性化を図るため、「足立区協働・協創パートナー基金」に寄せられた寄付金を活用し、NPO法人や任意団体等が実施する事業に公益活動げんき応援助成金(以下「助成金」という。)として交付しています。

助成金は、公益活動の目的に応じて上限を10万円とした「げんき応援コース」と上限を60万円とした「ステップアップコース」の2種類の設定があり、助成対象団体は、交付要綱第2条によりNPO団体、ボランティア団体、一般社団法人及び地縁団体と規定しています。

平成30年度公益活動げんき応援助成金の交付事務を監査したところ、ステップアップコース助成として60万円交付していましたが、助成団体は、交付要綱第2条に規定されていない「社会福祉法人」でした。なお、当該社会福祉法人には、平成29年度においても、げんき応援コース助成として助成金10万円を交付しています。

当該社会福祉法人の事業は、貧困やニーズのある幼児、小・中学生とその家族を対象に居場所づくりと食事の提供、学習指導などを行う事業であって、社会貢献活動の促進、発展に資するものです。

事業の実態は、交付要綱の趣旨・目的に沿ったものであるものの、交付要綱の規定と異なる取扱いとなっており、望ましいものではありません。

今後、事業の実態と交付要綱の取扱いが整合性のあるものとなるように、検討の上、是正するよう要望しました。

 

 

※詳しくは、下記に掲載した【PDF】をご覧ください。

 

 

監査結果と措置事項

定期監査

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

工事監査

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

決算審査・基金運用状況審査

健全化判断比率審査

財政援助団体等監査

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

指定管理者監査

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

特定行政監査

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

住民監査請求監査

令和元年度

平成30年度

平成28年度

平成27年度

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

監査事務局
電話番号:03-3880-5571(直)
ファクス:03-3880-5661
Eメール:kansa@city.adachi.tokyo.jp

all