ホーム > 住まい・暮らし > 環境 > 公害 > アスベスト(石綿) > 吹付アスベストに関する助成制度

ここから本文です。

公開日:2019年1月8日 更新日:2021年10月1日

吹付アスベストに関する助成制度

的確なアスベスト調査と除去工事の推進を目的に、足立区内の建築物・工作物に吹付けられた建材(塗装材を除く)のアスベスト分析調査や、アスベスト含有吹付材の除去工事(解体を除く)を行う場合、費用の一部を助成します。

 

新型コロナウイルス感染症対策に伴い、足立区役所にお越しいただく回数を可能な限り減らすようにいたしますので、足立区役所にお越しいただく前に電話でご相談ください。

環境部生活環境保全課アスベスト対策係  電話番号:03-3880-8041

令和2年4月8日

吹付アスベスト分析調査助成制度

建築物・工作物に吹付けられた建材(塗装材を除く)の分析調査の費用の一部を助成します。令和3年10月1日から、調査実施後の手続きのみで助成が可能になりました。また、分析の結果、アスベストが検出されなくても助成の対象となります。

助成対象

以下の条件を全て満たす吹付材(塗装材を除く)の分析調査

  • 平成18年8月31日以前の建築物・工作物について行ったもの
  • 有資格者が調査、分析を行ったもの

助成対象者

対象建築物等を所有する個人・団体(マンション管理組合を含む)・法人

有資格者

(調査全般について)

特定建築物石綿含有建材調査者、一般建築物石綿含有建材調査者(戸建ての場合は一戸建て等石綿含有建材調査者も可)

(分析について)

石綿障害予防規則第3条第6項の規定に基づき厚生労働大臣が定める者(外部サイトへリンク)

申請時期

分析調査を行った年度内(調査対象の建材に関する工事を行う場合は、着工の7日前まで)

助成条件

過去に吹付材の分析調査について助成を受けた建築物・工作物については助成対象外です。調査の結果、アスベストが含有していた場合は除去に努めてください。

  • 過去に吹付材の分析調査について助成を受けていないこと
  • 吹付材にアスベストが含有されていた場合は除去に努めること

吹付アスベスト除去工事費助成制度

解体工事以外で、アスベストを含有する吹付材(塗装材を除く)の除去を行う場合、除去費用の一部を助成します。除去工事の前に申請を行い、助成の決定を受けることが必要です。

助成対象

アスベストを含有する吹付材(塗装材を除く)の除去工事(耐火被覆など原状回復費用を含む)

助成対象者

対象建築物等を所有する個人・団体(マンション管理組合を含む)・法人

申請時期

除去工事の着工前に申請を行い、助成決定を受けてから工事を行うことが必要です。申請から助成決定を受けるまでの期間は1ヶ月を目安にしてください。(申請書類や資料に不備がある場合には、助成決定までに時間がかかる場合があります。)

申請を行った年度内に、除去工事を完了させ、助成金交付までの手続きをすることが必要です。年度をまたいでの手続きは行えません。

助成条件

  • 工事完了後、助成対象の建築物・工作物を5年以上使用すること
  • 過去に吹付材の除去等工事について助成を受けていないこと
  • 除去工事後の建築物・工作物が建築基準法に違反していないこと

手続きの手引き

分析調査助成制度リーフレット(PDF:316KB)

分析調査書類記載例(PDF:414KB)

除去工事費助成制度リーフレット(PDF:203KB)

除去工事助成手続きの手引き(個人用)(PDF:374KB)

除去工事助成手続きの手引き(法人用)(PDF:440KB)

除去工事助成手続きの手引き(マンション管理組合用)(PDF:442KB)

申請書

分析調査助成申請書(ワード:42KB)

分析調査助成申請書(PDF:150KB)

除去工事費助成申請書(ワード:123KB)

除去工事費助成申請書(PDF:216KB)

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスこのページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

環境部生活環境保全課アスベスト対策係

電話番号:03-3880-8041

ファクス:03-3880-5604

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all