ホーム > 特集一覧 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報まとめ > 区有施設等における新型コロナウイルス感染者の発生について > 【第16報】区役所本庁舎における新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(詳細)

ここから本文です。

公開日:2020年7月21日 更新日:2020年7月21日

【第16報】区役所本庁舎における新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(詳細)

特別定額給付金担当課のコールセンター業務に従事する派遣事業者の職員について、新型コロナウイルス感染症に感染していることを確認しましたので、公表します。

※自らに非がなく感染した患者の人権尊重と個人情報の保護に、最大限のご理解とご配慮をいただくことを、お願い申し上げます。

1 患者の概要

NO 年代 性別 居住地 主に利用する区施設 症状 診断日 渡航歴
1 50代 足立区外 区役所本庁舎 咽頭痛、咳、味覚障害 7月20日 なし

(注)発症前14日以内における渡航歴の対象は、東京都発表と同様の国や地域を指す。
(注)診断日とはPCR検査で陽性を確認した日で、東京都がホームページ等で発表している「公表日」とは異なる。区ホームページ「区内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況」(毎日一覧で情報発信)に記載している「診断日」と同じ。

2 足立保健所が感染を確認した日

令和2年7月20日(月曜日)

3 感染判明までの経緯と患者の主な行動

日にち 概 要
7月18日(土曜日) 咳等の症状が現れたため、NO.1は自宅で療養した。
7月19日(日曜日) 症状が改善しなかったため医療機関を受診したところ、新型コロナウイルスへの感染疑いからPCR検査を受けることとなった。医療機関受診後も、引き続き自宅療養していた。
7月20日(月曜日) PCR検査を受け、NO.1が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明した。

4 現在の状況および今後の対応

  • 7月20日(月曜日)・21日(火曜日)、足立保健所が特別定額給付金担当課執務スペースで積極的疫学調査を実施した。
  • 足立保健所の調査の結果、NO.1は業務従事中マスクを着用しており、休憩時間も含めた業務時間において、濃厚接触者とされた職員はいない。
  • 7月20日(月曜日)に特別定額給付金担当課の執務スペースの消毒を行った。
  • NO.1はコールセンター業務に従事していたため区民との接触はない。
  • 最終勤務日(7月17日)から陽性判明(7月20日)までに48時間以上が経過し、執務スペースの消毒を行ったことから、7月21日(火曜日)以降も特別定額給付金専用コールセンターは業務を継続している。
  • 引き続き、特別定額給付金担当課職員及び派遣事業者職員の日々の健康観察を徹底させる。

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

お問い合わせコールあだち
電話:03-3880-0039
ファクス:03-3880-0041
おしえてメール:https://www.adachi-faq.jp/call/beforequery.asp

all