ホーム > 区政情報 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2017年 > 2017年12月のニュースリリース > 「光の祭典2017」がスタートしました 来て、見て、イルミネーションの世界を感じる「Light Vacation」

ここから本文です。

公開日:2017年12月2日 更新日:2017年12月2日

「光の祭典2017」がスタートしました 来て、見て、イルミネーションの世界を感じる「Light Vacation」

20171202meinturi

光の祭典を象徴する8本の華麗なツリー

20171202basha

光の馬車でシンデレラ気分を

約70万球ものLEDイルミネーションがまちを彩る、足立区の冬の風物詩「光の祭典」の点灯式が12月2日、元渕江公園で行われ、公園内のオブジェや竹ノ塚駅から同公園までの沿道の街路樹に灯りがともった。

今年で16回目を迎える「光の祭典」は冬の風物詩として区民に親しまれており、昨年の来場者数は、前年比4万5千人増の約25万5千人と人気のイベント。

点灯式は午後4時30分から、東京藝術大学出身の「アンサンブル・ルヴァン・ブラスクインテット」によるミニコンサートで幕を開けた。金管五重奏の華麗な響きが会場を包み、大勢の観客がその澄み渡る音色に酔いしれた。

午後5時、観客のカウントダウンの声に合わせ、イベントエリアのステージ上で、近藤やよい足立区長とかねだ正足立区議会議長らが点灯スイッチを押すと、ツリーや街路樹のイルミネーションが一斉に輝き始めた。

メイン会場の元渕江公園では、自然木では都内最大級の20メートルを超える8本のメインツリーを始め、ハートやクマのほか、新企画の「光の馬車」など数々のオブジェが幻想的な光で彩られている。いずれのオブジェも人気を博し、記念撮影には長蛇の列となった。加えて今年は、歩きながら楽しめる約100メートルもの「光の回廊」が公園の北側に幻想的に輝いている。また、竹ノ塚駅前は豪華なシャンパンゴールドで暖かみと華やかさを演出、同駅前から元渕江公園に続く街路樹のイルミネーション「光のケヤキ並木」は約1.2キロメートルと都内でも随一の長さを誇るものとなっている。

さらに、今年は、光の祭典の開催期間中、新企画でスマートフォンの区公式アプリ「アダチさん」のデジタルスタンプにより抽選で豪華景品が当たる「デジタルスタンプラリー」を開催。12月2日、3日に限っては、ダブルチャンスとして、公園内にある景品交換所で3か所全てのラリーポイントの画像が読み込まれている「アダチさん」の画面を見せると素敵な景品がプレゼントされる(先着順)。

イルミネーションの点灯は12月2日から12月25日まで。期間中メイン会場の元渕江公園では午後5時から午後9時まで、竹ノ塚駅からメイン会場までの街路樹は午後5時から午後10時までイルミネーションを楽しむことができる。

また、元渕江公園会場では、12月2日、3日の2日間、ステージショーや物産展など、日中から楽しめるイベントが開催される。また、開催中の土日と25日のクリスマスは、元渕江公園内の生物園で「夜間特別開園in光の祭典」を実施。「冬のホタル観賞会」やナイトツアー「熱帯の世界」などを開催し、光の祭典と一緒に楽しめ、1回来るといくつも楽しめる嬉しい企画となっている。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all