ここから本文です。

公開日:2018年12月18日 更新日:2018年12月18日

月岡芳年(つきおかよしとし)

天保10(1839)年から明治25(1892)年。吉岡兵部の次男として江戸で生まれ、のち月岡雪斎の養子となりました。俗称は米次郎といい、玉桜楼・魁斎などと号しました。歌川国芳に入門し、武者絵・役者絵などを手がけました。「英名二十八衆句」など血なまぐさい作品を発表し、血みどろ絵師とよばれました。

また、女性の内面を描写した美人画なども手がけました。明治6(1873)年からは大蘇芳年と名乗りました。従来の浮世絵にあきたらず、菊池容斎の画風・洋風表現を取り入れた歴史画や絵入自由新聞などの挿絵を手がけました。


東京自慢十二ヶ月 五月 堀切の菖蒲


東京自慢十二ヶ月 六月 入谷の朝顔


東京自慢十二ヶ月 十月 瀧の川の紅葉


月百姿 はかなしや


東京開化狂画名所 千束酉の町、日暮里布袋

お問い合わせ

足立区立郷土博物館

電話番号:03-3620-9393

ファクス:03-5697-6562

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all