ここから本文です。

公開日:2018年12月18日 更新日:2018年12月18日

鈴木春信(すずきはるのぶ)

享保10(1725)年?から明和7(1770)年。姓穂積氏、通称を次郎兵衛または次兵衛、号を思古人、長栄軒といいました。西村重長の門人と伝えられています。彫師や摺師の協力を得ながら木版摺りの技法を向上させ、多色摺りによる錦絵の草創に貢献しました。

明和年間(1764から72)、中判を主とした叙情的な美人風俗が流行し、多くの画家に影響を与えました。また、春信様式とよばれる和歌や物語などの古典から発想を得て、当世風俗に置きかえる見立絵を描きました。


(風に悩む美人)


千代鶴


風流人倫見立八景 むすめのせきよう


(子供獅子舞)


(舟遊び)

お問い合わせ

足立区立郷土博物館

電話番号:03-3620-9393

ファクス:03-5697-6562

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all