ここから本文です。

公開日:2018年12月18日 更新日:2018年12月18日

渓斎英泉(けいさいえいせん)

寛政2(1790)年から嘉永元(1848)年。武士の子として江戸で生まれ、菊川英二・英山(えいざん)に師事して浮世絵師となり、江戸後期に活躍しました。

初めは英山様(よう)の美人画を描きましたが、やがて切れ長で目尻の上がった目、突き出された下唇など妖艶な美人画を描くようになりました。また、洋風の遠近明暗の画法を取り入れ、庶民生活を暖かい目で捉えました。

人と自然を渾然一体と描いた風景画も描き、歌川広重との合作「木曽街道六十九次」等風景画も残しています。浮世絵以外にも、狂言を書く等、多彩な才能を発揮しました。


木曽街道六十九次 熊谷宿


当世好物八契(三味線)

}
美艶仙女香


当世料理通 上野黒門前蓬莱屋


東都名所 両国橋之涼

お問い合わせ

足立区立郷土博物館

電話番号:03-3620-9393

ファクス:03-5697-6562

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all