• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

就学援助・就学奨励

就学援助とは、学校給食費や学用品費等の支払いにお困りの保護者の方に対して、申請に基づき、その費用の一部を援助する制度です。
また、就学奨励とは、特別支援学級等に通学・通級をしている児童・生徒に対し、ご家庭の負担を軽減するために、通学にかかる費用の一部を補助する制度です。

就学援助(区内、区外小・中学校共通)

1 対象者(区内、区外小・中学校共通)

区内にお住まいで、小・中学校等に在籍する児童・生徒の保護者の方で次のアからエに該当する方

  • ア 生活保護を受けている世帯
  • イ 前年度中に生活保護の廃止・停止を受けた世帯
  • ウ 児童扶養手当(ひとり親世帯等)を受給している世帯(児童手当や児童育成手当とは異なります)
  • エ 平成28年分の世帯全員の合計所得が基準未満と思われる等
  •    ※収入が無くても区役所課税課にて住民税の申告が必要です

2 申請手続き

  • (1)足立区立の小・中学校に在籍する児童・生徒
    足立区立の小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者の方は、在籍校を通じて4月に配付される申請書を提出してください。印字されている口座を変更する場合は、申請書を修正のうえ、振込口座の通帳のコピーを返信用封筒に入れ、学務課に郵送してください。年度途中で転入された方も同様に申請してください。
  • (2)足立区立以外の小・中学校に通われている児童・生徒
    足立区立以外の小・中学校に通われる児童・生徒の保護者の方は、教育委員会学務課窓口で申請をしてください。また、窓口での申請が困難な方は、このページの下の関連PDFファイル「就学援助(区域外)受給申請書兼委任状・口座振替依頼書」を出力し、必要事項を記入のうえ郵送で申請してください。

(1)(2)いずれの場合も郵送事故の責任は負いかねますので、申請書のコピーを取り、保護者控えとして保管することをお勧めします。

3 提出期限

  • (1)足立区立の小・中学校に在籍する児童・生徒
    平成29年4月20日
  • (2)足立区立以外の小・中学校に通われている児童・生徒
    平成29年4月20日

いずれも、提出期限後も受け付けを行いますが、認定となった場合の支給対象は、申請書を提出した月(郵送の場合は消印日の属する月)以降となります。
注)平成29年1月2日以降に足立区へ転入された方は平成29年6月頃に住所登録地で発行される所得金額、扶養人数が記載されている証明書(平成29年度課税証明書等)の原本を後日送付してください。

4 認定区分(区内、区外小・中学校共通)

  • ア 要保護者
    生活保護を受けている方
  • イ 準要保護者
    教育委員会が要保護者に準ずる程度に困窮していると認定した方

5 認定審査の結果通知

  • (1)足立区立の小・中学校に在籍する児童・生徒
    教育委員会で認定・否認定を決定し、7月上旬に「認定結果通知書」を郵送します。
  • (2)足立区立以外の小・中学校に通われている児童・生徒
    足立区立の小・中学校以外の学校にお通いの方へは8月上旬に郵送します。

なお、(1)(2)とも認定保留期間までに所得が判明しない場合は申請を却下します。

6 支給方法

  • (1)足立区立の小・中学校に通われている児童・生徒
    • ア 給食費、修学旅行費は学校長口座へ入金します。
    • イ 医療費は現物給付します(医療券を使って受診しますが、子ども医療証をお持ちの方は、そちらを優先してください)。
    • ウ 上記以外の援助費については、原則、直接保護者口座へ入金します。
    • エ 中学校3年生3月分の給食費は、給食の実施回数によって調整される場合があります。
  • (2)足立区立以外の小・中学校に通われている児童・生徒
    通われている学校に実績を確認して支給額を決定後、3月下旬に原則、直接保護者口座へ入金します。

なお、教材費等の保護者が負担すべき経費に未納がある場合は、学校長口座に振り込む場合もあります。

7 援助対象費目と支給額

(1)足立区立の小・中学校に通われている児童・生徒

このページの下の関連PDFファイル(平成29年度 就学援助費支給明細表)をご覧ください。

(平成29年度 就学援助費支給明細表は7月上旬にお知らせする予定です)

ご不明な点がありましたら、学務課助成係までお問い合わせください。

(2)足立区立以外の小・中学校に通われている児童・生徒

認定となった方へ3月に郵送する支給決定通知に、支給内訳を記載しています。ご不明な点がありましたら、学務課助成係までお問い合わせください。

 

【重要】中学校の新入学児童生徒学用品費等の支給対象学年の変更について

 平成29年度から中1の新入学児童生徒学用品費等の支給対象学年を中学入学前の小6(2月支給)へ変更します。平成29年度は、暫定措置として中1(4月認定者のみ)にも支給します。平成30年度からの中学校の新入学児童生徒学用品費等については、小6での支給となりますのでご注意ください。

就学奨励

特別支援学級等に通学・通級をしている児童・生徒に対し、ご家庭の負担を軽減するために、通学にかかる費用の一部を補助する制度です。

※注意:就学援助を受給しているご家庭は対象外です。両方受給することはできません。

1 対象者

区内にお住まいで、次のいずれかに当てはまる方の保護者

  • ア 特別支援学級及び小学校の特別支援教室に通学・通級している
  • イ 特別支援学校の入学基準(学校教育法施行令第22条の3。以下「22条の3」という。)に該当し、通常学級(小学校・中学校)に通学している
    ※原則、就学相談を受けた方が対象となります。

2 申請手続き

(1)足立区立の特別支援学級または通常学級(小学校・中学校)に通学・通級している児童・生徒
通学・通級校で申請書を受け取り、通学校へ提出してください。(特別支援学級へ通級の方は、通級校で申請書を受け取り、通級校へ提出してください。)

(2)足立区立以外の特別支援学級または通常学級(小学校・中学校)に通学・通級している児童・生徒
教育委員会学務課助成係の窓口(本庁舎南館5階)で申請してください。窓口での申請が困難な方は、このページの下の関連PDFファイル「就学奨励費 申請書兼委任状・口座振替依頼書(表面・表面記入例)(区域外用)」(PDF:270KB)と「就学奨励費 申請書兼委任状・口座振替依頼書(裏面・裏面記入例)(区域外用)」(PDF:15KB)を出力し、必要事項を記入のうえ、郵送で申請してください。

3 提出期限

(1)足立区立の特別支援学級または通常学級(小学校・中学校)に通学・通級している児童・生徒

 平成29年10月2日(月)までに、通学校へ提出してください。(通級生は通級校へ提出)

(2)足立区立以外の特別支援学級または通常学級(小学校・中学校)に通学・通級している児童・生徒
 平成29年10月2日(月)までに、教育委員会学務課助成係に提出してください。

 

4 認定区分

就学奨励 認定区分

種類

区分

認定基準

固定学級(知的障がい学級)

22条の3該当(通級・通常学級及び特別支援教室)

区分

1

前年分の世帯の収入額(国の定める方法により算定した額)の合計が需要額(生活保護基準を基礎に国が示す額)の2.5倍未満の者

固定学級(知的障がい学級)

22条の3該当(通級・通常学級及び特別支援教室)

区分

2

収入額の合計が需要額の2.5倍以上の者

22条の3非該当(通級学級及び特別支援教室)

区分

3

学校教育法施行令第22条の3に非該当で、特別支援学級に通級する児童・生徒の保護者

5 結果通知

11月中旬に「認定結果通知書」を郵送予定です。

6 支給方法

3月末ごろに、保護者口座へ入金します。

7 支給対象費目(次の経費の一部が支給されます。)

学校給食費、学用品・通学用品購入費、新入学児童生徒学用品・通学用品購入費、修学旅行費、校外活動費、通学費、職場実習交通費、交流学習交通費。

なお、認定区分により、支給対象費目が異なります。

支給金額の目安は、一部の費目を除き、概ね就学援助費の2分の1以下となりますが、認定区分(在籍種別、所得要件有)や保護者実費負担状況により異なります。

※就学援助が認定されている方は、対象外となります。

 関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部学務課助成係(区役所南館5階)

電話番号:03-3880-5977

ファクス:03-3880-5606

Eメール:gakumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?