ホーム > 子育て・教育 > 教育についての取り組み > お知らせ > 足立区奨学金返済支援助成

ここから本文です。

公開日:2020年1月10日 更新日:2022年12月15日

足立区奨学金返済支援助成(借入総額の半額・上限100万円まで)

区では、将来有望な人材を育成するために、対象の奨学金の貸付を受けているまたは受ける予定の方に対して、学校を正規の修業年数で卒業後、10年以内に区に住民税を2年度分以上納税したあと、奨学金の借入総額の半額(上限100万円)を助成します。

1.募集期間

※令和4年度の募集は、終了しました。 

令和5年度の募集については、令和5年8月になりましたら、お知らせします。

2.募集人員

令和5年8月になりましたら、お知らせします。

(令和4年度参考)

高校分…20名
大学分…60名

※書類審査あり

3.助成額

対象の奨学金の借入総額の半額(上限100万円)

4.応募資格(概要)

(1)申し込みの時点で、次の1・2の奨学金の貸付を受けているまたは受ける予定であること

  3の足立区育英資金については、現在貸付を受けている方のみです。

 1 東京都育英資金(高校分)

 2 日本学生支援機構第一種奨学金(大学分)

 3 足立区育英資金(大学分)

(2)申し込み時点で、足立区に引き続き6カ月以上居住していること

(3)学校教育法に規定する大学・高等学校等に在学または翌年度4月に入学予定であること

(4)在学期間中の学業成績が5段階評価で平均3.5以上の方

※申し込み時までの学業成績が上記の成績に満たない場合は、直近の成績でも可
※上記の学業成績に満たない場合でも、学習面や部活動など秀でた実績があれば、学校長の特別推薦として応募可

(5)日本学生支援機構の「給付奨学金」との併用は不可

(6)足立区育英資金(大学分)「一部償還免除枠」採用者として奨学金を借りていないこと

5.助成条件

(1)進学校または在学校を正規の修業年限で卒業すること
(2)卒業後10年以内に、2年度分以上足立区に住民税を納付すること
※在学中の助成ではありません。

6.申し込み方法

提出書類や提出方法などの詳細については、令和5年8月になりましたら、お知らせします。

7.問い合わせ先

足立区教育委員会学務課助成係(区役所南館5階)
電話:03-3880-5977(直通)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

教育委員会事務局学校運営部学務課助成係

電話番号:03-3880-5977

ファクス:03-3880-5606

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all