ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 歯科保健 > 「歯によいおやつはなぁに?」リーフレットを作成しました

ここから本文です。

公開日:2019年2月28日 更新日:2019年2月28日

「歯によいおやつはなぁに?」リーフレットを作成しました

むし歯を予防するためには、歯みがきだけでなく、「おやつの食べ方」も大切です。
「歯によいおやつはなぁに?」リーフレットで、むし歯になりにくいおやつや食べ方を確認しましょう。

歯によいおやつの食べ方はどっち?

 A:決めて食べる B:だらだら食べる

どっち

答えは「A:決めて食べる」です。

だらだら食べると、歯が溶ける回数が増えるため、むし歯になりやすくなまもるくんってしまいます。
歯によいおやつの食べ方のポイントは、以下の3つです。
1.時間を決めて食べる
2.食べる量を決める
3.あまいものとあまくないものを組み合わせる

むし歯になりにくいおやつの選び方

むし歯菌は、砂糖量が多く、ベタベタ歯にくっつくおやつが大好きです。

「歯によいおやつ」を、リーフレットで確認してみてください。

歯によいおやつ


おやつのあとは、ぶくぶくうがいや歯みがき(仕上げみがき)で、お口の中をきれいにしましょう!

「歯によいおやつはなぁに?」リーフレットはこちら

「歯によいおやつはなぁに?」(PDF:8,099KB)

 

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

衛生部データヘルス推進課

電話番号:03-3880-5601

ファクス:03-3880-5602

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all