ホーム > 健康・福祉 > 高齢者のために > 認知症 > 認知症サポーター養成講座

ここから本文です。

公開日:2020年2月6日 更新日:2020年4月7日

認知症サポーター養成講座

認知症サポーターとは、認知症について理解して偏見をなくし、認知症になっても暮らしていける地域にしていこうという啓発活動として始まりました。
認知症サポーター養成講座を受講していただいた方が、認知症サポーターです。
認知症サポーターは、なにか特別なことをやる人ではありません。認知症を理解した、認知症の人とその家族への「応援者」です。
「暖かい目で見守ること」を基本として自分のできる範囲でサポートに取り組んでください。
受講修了者には、オレンジリングをお渡ししています。
足立区では、平成19年度から認知症サポーター養成を開始し、「安心して暮らせるまち足立区」をめざしています。

講座に参加したい方へ(個人向け)

新型コロナウィルスの影響を受けて、開催予定の講座等の催しに中止・延期などの影響が出ています。再開の時期が決定次第、こちらのホームページでお知らせいたします。

 

 

 

講座を開催したい方へ(団体向け)

10人以上の参加希望者が集まれば、出前講座で講師を派遣することができます。

出前講座を希望する場合は、開催場所の所在地を担当する地域包括支援センターへご連絡ください。

新型コロナウィルスの影響を受けて、開催予定の講座等の催しに中止・延期などの影響が出ています。再開の時期が決定次第、こちらのホームページでお知らせいたします。

関連情報

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

高齢者施策推進室地域包括ケア推進課認知症施策推進担当

電話番号:03-3880-5885

ファクス:03-3880-5614

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all