ここから本文です。

公開日:2021年1月16日 更新日:2021年5月1日

初代安藤広重墓及び記念碑(しょだいあんどうひろしげはかおよびきねんひ)一基

■東京都指定史跡〈昭和30年3月28日指定〉
■東岳寺(伊興本町1-5-16) 【地図】(外部サイトへリンク)

■公開(見学の際は、マナーを必ず守ってください)

墓
浮世絵師として世界的にも著名な初代安藤広重(現在では歌川広重が一般的です)の墓と記念碑です。
東岳寺は、寛永10年(1633)に浅草新寺町に創建されましたが、戦災により昭和36年(1961)に現在地へ移転してきました。墓石も戦災により一度破壊されましたが、昭和33年の広重百回忌にあわせて再建されました。記念碑は、大正13年(1934)に建立されたものです。
東岳寺には、世界に日本の文化を紹介し広重に心酔していたアメリカ人のジョン・スチュワート・ハッパーの墓や「俳風栁多留」を出版した花屋久次郎の遺蹟碑などもあります。
なお、毎年9月6日の広重忌は法要が営まれるほか、足立区立郷土博物館の出張展示「一日だけの広重展」も東岳寺で開催されています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化財係

電話番号:03-3880-5984

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all