• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

おすすめ・新着

ティーンズロゴ

ティーンズコーナーとは?ティーンズ流図書館の使い方ティーンズ今月の特集ティーンズ新着・おすすめティーンズスコープバックナンバー

ティーンズ君担当のおすすめ本

ティーンズ君道は必ずどこかに続く 15歳の寺子屋』 日野原重明/著 講談社

道は必ずどこかに続く

(予約は画像をクリック!)

105歳の生涯を現役の医師として全うした著者が、97歳の時に自分の人生を振り返りながら「どう生きるか」をテーマに書いた本です。
人生の節目には、必ず自分が目指すモデルとなる人がいて、その背中を追いながら沢山の事を学んできたそうです。
その一方で人の真似をするだけではなく、自分らしく生きていくにはどうしたら良いかを考える事の大切さを伝えています。
その言葉は常に前向きで、著者の温かいまなざしを感じさせる1冊です。

ティーンズ君新着図書

ティーンズ君ジャパン・トリップ』 岩城けい/著 KADOKAWA

ジャパントリップ
(予約は画像をクリック!)

オーストラリアに住む12歳のショーンは、学校主催の海外研修で日本に行くことになりました。
和菓子店を営むホームステイ先では、初めての「フトン」でゴロゴロしたり、スープにチョップスティック(はし)を使ったりと、日本文化を満喫します。
しかし、彼にはある秘めた目的があったのでした。
外国人から見た「日本」の印象が登場人物を通して率直に語られ、異文化への扉をひらく喜びを教えてくれる一冊です。

 

ティーンズ君クリスマスとよばれた男の子』 マット・ヘイグ/文 杉本詠美/訳 西村書店

クリスマスとよばれた男の子

(予約は画像をクリック!)

むかしむかしフィンランドの貧しい家に、ニコラスという男の子がいました。
彼の楽しみは、夜寝る前に聞く父ちゃんのお話。
彼はいつも、北の果てにあるという魔法の国に暮らすエルフの話をせがむのでした。
ある日、父ちゃんはエルフの村の証拠を見つけたら賞金がもらえることを知り、村を探しに出かけてしまいます。
やがて、ニコラスもなかなか帰らない父を探しに北を目指すのでした。
数々の試練を乗り越え、サンタクロースになった男の子の物語です。

続編に、『クリスマスを救った女の子』もあります。

 

ティーンズ君『11歳からの正しく怖がるインターネット 大人もネットで失敗しなくなる本』 小木曽健/著 晶文社

11歳からの正しく怖がるインターネット

(予約は画像をクリック!)

たとえば、渋谷のスクランブル交差点で、学校名や電話番号を書いたボードを掲げて立つことはできますか?嫌ですよね。
しかし、これに似た行為をインターネットでしてはいないでしょうか?
この本は、インターネットをよく使っているが、時々使い方で不安になるという方に「ネットの正体」と「ネットで絶対に失敗しない方法」を教えてくれます。
イラスト入りでわかりやすく、どなたにもオススメです。

 

お問い合わせ

地域のちから推進部中央図書館

電話番号:03-5813-3740

ファクス:03-3870-8415

Eメール:tosyokan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?