ホーム > イベント・おでかけ情報 > 第52回伝統工芸日本金工展(令和6年5月18日(土曜日)から6月29日(土曜日)まで)

ここから本文です。

公開日:2024年4月5日 更新日:2024年5月9日

第52回伝統工芸日本金工展(令和6年5月18日(土曜日)から6月29日(土曜日)まで)

52A

 区内に所在する美術館「石洞美術館(千住橋戸町23)」において「第52回伝統工芸日本金工展」が開催されます。
 日本の伝統工芸である「金工」の技法を駆使した作品の数々をぜひご鑑賞ください。また、足立区在住・在勤・在学の方向け無料招待・図録プレゼント、講演会募集もございます。(関連リンクから募集ページをご覧ください。)
 注:5月8日(水曜日)をもって締め切りました。多くの方のご応募、ありがとうございました。

02_tokyo_hannya

東京都教育委員会賞 Halloweenの釜 般若佐伎

06_MOA_okumura

MOA美術館賞 朧銀地小匣「西の方」 奥村公規

開催日時

  • 2024年5月18日(土曜日)から2024年6月29日(土曜日)

午前10時から午後5時(最終入場は午後4時半まで)、月曜定休

開催場所

名称

公益財団法人美術工芸振興佐藤基金 石洞美術館

所在地

東京都足立区千住橋戸町23番地

アクセス方法

・京成線「千住大橋」駅より徒歩3分
・「北千住」駅西口より
 コミュニティバス「はるかぜ」5号(北千住駅西側地域循環)にて
 千住大橋駅まで7分、下車後徒歩3分

電話番号

03-3888-7520

ホームページ

石洞美術館(外部サイトへリンク)

対象

どなたでも

費用

入館料 大人500円 学生300円
※ 小学生以下(要引率者)・65歳以上の方・障害者手帳をお持ちの方は無料。
※ 大人の方以外は受付にて証明書のご提示をお願いいたします。
足立区在住・在勤・在学の方向け無料招待・図録プレゼント、講演会の募集もございます。(関連リンクから募集ページをご覧ください。)
注:5月8日(水曜日)をもって締め切りました。多くの方のご応募、ありがとうございました。

主催者

主催
公益社団法人 日本工芸会、公益財団法人 美術工芸振興佐藤基金
後援
文化庁、東京都教育委員会、朝日新聞社、公益財団法人 宗桂会、MOA美術館、足立区、
足立区教育委員会、佐野市、公益社団法人 足立法人会

その他

バリアフリーについて
 車椅子用トイレ有り
 貸し出し用車椅子(1台)有り
※ 展示室は、スロープのある2階構成になっております。(介助者の方が必要です)
  エレベータ利用のご希望等も対応しておりますので、ご不明の点等ありましたら館宛てに事前のご連絡をお願いいたします。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室地域文化課文化団体支援係

電話番号:03-3880-5986

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

イベント・おでかけ情報トップへ

 

旬なイベント

event