• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療保険料の納め方

ここから本文です。

更新日:2017年5月22日

後期高齢者医療保険料の納め方

後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりに保険料がかかります。

保険料の納付方法は、原則、介護保険料と同じ年金からの天引きです。
年金からの天引き(特別徴収)とは

75歳年齢到達や足立区への転入などにより、新たに後期高齢者医療制度に加入した方は、年金からの天引きが始まるまでの間、納付書や口座振替(普通徴収)により納めていただきます。

また、次のいずれかにあてはまる場合は、希望されても年金天引きにはなりません。納付書や口座振替で納めていただきます。

  • 天引き対象年金が年額18万円未満の方
  • 介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、天引き対象年金受給額の2分の1を超える方

年金からの天引きが始まるまでの間、納付書で納める

保険料決定(変更)通知書と一緒にお送りする納付書で納めてください。
4月期から6月期分を4月中旬に、7月期から3月期分を7月中旬にお送りします。
保険料に変更があった場合は、その都度、変更後の納付書をお送りします。

ペイジーマークがついている納付書

ペイジーマークがついている納付書

年金からの天引きが始まるまでの間、口座振替で納める

※国民健康保険の納付が口座振替だった方も、改めて手続きが必要です。
口座振替の手続きは「口座振替による保険料の納付」をご覧ください。

年金からの天引きは希望せず、口座振替で納める

口座振替の手続きに加え、「納付方法変更申出書」の提出が必要です。
申出書を希望される方は、資格収納係へお問い合わせください。

関連情報

お問い合わせ

区民部高齢医療・年金課資格収納係

電話番号:03-3880-6041

ファクス:03-3880-5618

Eメール:korei-nenkin@city.adachi.tokyo.jp

区役所からの回答メールが届かない、返戻されてしまう事例が増えています。メールでお問い合わせをいただく場合は、インターネットメールの受信設定を確認してからご利用ください。

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?