• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

子ども医療費の還付請求をするには

マル乳・マル子医療証等をお持ちのお子さまについて、次の場合には還付(払戻し)請求ができます。
医療証をお持ちでない場合は医療証の交付申請をして下さい。

  1. 東京都外の医療機関を受診し、保険診療の自己負担額を支払った場合
  2. マル乳・マル子医療証を取り扱わない医療機関を受診し、保険診療の自己負担額を支払った場合
  3. マル乳・マル子医療証を持たずに受診し、保険診療の自己負担額を支払った場合
  4. 東京都外の国民健康保険・国民健康保険組合に加入されているお子さまの保険診療の自己負担額を支払った場合
  5. 健康保険証を持たずに受診し、健康保険から保険負担分の給付があった場合
  6. 補装具(小児弱視用メガネ、コルセット、インソール(足底装具)など)を購入し、健康保険から保険負担分の給付があった場合
  7. 海外で治療を受けて、健康保険から保険負担分の給付があった場合

助成対象となる医療費は保険診療の自己負担額です。健康保険が適用されない診療は助成されませんので、医療機関へ支払った額と助成額とが異なる場合があります。

対象とならない医療費の例

  • 入院時の食事療養標準負担額
  • 健康保険が適用にならないもの
    (健康診断・差額ベッド代・薬の容器代・他の医療機関からの紹介状がない大病院の初診料等)
  • 日本スポーツ振興センター災害共済給付が適用される診療等
  • 健康保険から支給される高額療養費、付加給付金の部分
  • 交通事故など、第三者行為により負傷した場合
  • 他の公費負担医療費助成制度の適用部分

詳細については、子ども医療費助成制度(マル乳・マル子医療証)をご覧ください。

 申請に必要なもの

  • ア.子ども医療助成費支給申請書(PDF:354KB)
    …児童給付係に請求するか、このPDFファイルを出力、印刷してください。
  • イ.領収書(原本)
    〔注意事項〕受診者氏名、保険点数、診療年月日、医療機関名、領収額の記載があるもの(これらの項目が記載されていない場合は、受診した医療機関等にて記入を受けてください。)また、健康保険への手続きで原本を提出してしまった場合のみコピー可。
  • ウ.印鑑(朱肉を使うもの)
  • エ.お子さまの健康保険証(コピー可)
  • オ.金融機関の通帳かキャッシュカード(医療証に記載された保護者名義のもの)
    医療証に記載された保護者様以外の口座にはお支払いできません。
  • カ.健康保険からの支給決定通知書(上記5,6,7の場合など該当する方のみ。原本が必要)

上記5,6,7に該当する場合は、上記以外に必要なものがある場合があります。下記の「関連PDF」欄もご覧ください。
郵送で申請する場合はア・イ・カ(カは上記5,6,7の場合など該当する方のみ)をご提出ください。

なお、お子さまが社会保険・共済組合にご加入の場合で、平成25年4月以降受診分の請求の際は高額療養費支給決定通知書は不要です。

受給資格があれば、異なる医療機関の領収書や月をまたぐ領収書など、複数枚の領収書を1枚の申請書でまとめて請求できます。

ただし、複数のお子さまの分を請求する場合は、お子さま毎に申請書をご記入いただきます。

また、請求期限は医療費を支払った日の翌日から起算して5年間です。

窓口で申請

親子支援課児童給付係(足立区役所中央館3階)、または足立福祉事務所各福祉課(中部第一福祉課中部第二福祉課千住福祉課東部福祉課西部福祉課北部福祉課)の窓口に上記の申請に必要なものを持ってお越しください。

郵送で申請

親子支援課児童給付係では郵送での申請も受け付けています。

子ども医療助成費支給申請書(PDF:354KB)を印刷または児童給付係までご請求いただき、領収書等、上記の申請に必要なものを添付してお送りください。

封筒貼り付け用あて名シート(PDF:29KB)印刷後、点線で切り取って封筒へ貼り付けてください

郵便の未到着等の事故の責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。
また、審査において不備が見つかった場合や、先に健康保険で手続きが必要な場合は、書類をお返しする場合()があります。(国民健康保険に、ご加入の場合は次のページも、ご参照ください。「国保の給付」)。

※印鑑の押し忘れや医療証記載の保護者様以外の口座をご指定されたことにより、申請書をお返しさせていただく例が多くみられます。

支払いについて

申請に不備がなければ、申請日(郵送の場合は児童給付係に書類が届いた日)の翌月末にご指定の口座に振り込みます。振込みの際に通知等はしていませんので通帳に記帳してご確認ください。

関連PDF 

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部親子支援課児童給付係(区役所中央館3階)

電話番号:03-3880-6492

ファクス:03-3880-5573

Eメール:oyakoshien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?