• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国保の負担割合、一部負担金の減免

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

国保の負担割合、一部負担金の減免

国民健康保険の被保険者が医療機関にかかると、医療費総額のうち下の割合の一部負担金がかかります。残りの割合は国民健康保険から支出します。

 

 

入院・外来

義務教育就学前

2割

義務教育就学から70歳未満まで

3割

退職者本人

退職者扶養家族

70歳以上一定以上所得世帯(注1)

その他70歳以上世帯

2割(注2)

  • 乳幼児及び小・中学生(15歳に達した日以降の最初の3月31日まで)は子ども医療費助成制度が利用でき、一部負担金が助成される場合があります。詳しくは、子ども医療費助成制度(マル乳・マル子医療証)のページをご覧ください。

(注1)70歳以上一定以上所得世帯については、国民健康保険高齢受給者証についてのページ、「一部負担金の割合の判定」をご覧ください。

(注2)昭和19年4月1日以前に生まれた方は、特例により75歳まで1割

 

一部負担金の減額・免除

災害や特別な事情によって収入が著しく減少し、生活困難となっている世帯の方が入院して、医療費(一部負担金)の支払いにお困りの場合、調査のうえ、3カ月以内の期間で一部負担金の減額または免除をします。

ご相談の方は、事前に電話予約をお願いします。

お問い合わせ

国民健康保険課給付担当
電話番号:03-3880-5241(直)
ファクス:03-3880-5618
Eメール:kokuho@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?