• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 公害 > 工場、指定作業場の設置、変更について

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

工場、指定作業場の設置、変更について

設備の定格出力の合計が2.2kw以上の工場や、金属の溶融・精錬や塗料の吹き付けなどの作業を行う工場を設置したり、設備の増加や更新、建物の建て替えなどを行う場合には、工事に着手する前に区の認可を取得する必要があります。周辺の状況により、工場の設置や変更が行なえない場合もありますのでご注意ください。
ガソリンスタンドや駐車場(駐車台数が20台以上のもの)など、都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下、条例とする。)で指定作業場とされているものの設置や設備の変更の場合にも区への事前の届出が必要です。
対象となる事業場は、添付ファイルの「工場、指定作業場一覧表」に該当するものです。

工場に関する手続きの流れ

  1. 工場の設置、変更等の計画がまとまりましたら、生活環境保全課の窓口までご相談にお越しください。必要な手続きなどをご案内します。
  2. 工場の設置、変更等の工事に着手する60日前までに「工場設置(または変更)認可申請書」を作成、申請してください。申請の際は下記の手数料が必要です。
    (設置の場合:作業場面積により8,700円から20,200円、変更の場合:7,600円)
  3. 申請書の内容が条例の規定に適合している場合、申請から60日以内(通常の場合)に認可書を交付します。
  4. 認可書が交付されたら、工場の設置、変更のための工事に取りかかれます。併せて工場の看板の設置もお願いいたします。
  5. 工場の設置、変更の工事が完了したら、15日以内に「工事完成届出書」を提出してください。
  6. 申請のとおりに工事が行われたか、騒音、振動が条例の基準を満たしているか現地で検査します。問題がない場合は工事完成届出書の提出から10日以内に認定書を交付します。認定書が交付されたら、工場の操業を開始することができます。

指定作業場に関する手続きの流れ

  1. 指定作業場の設置、変更等の計画がまとまりましたら、生活環境保全課の窓口までご相談にお越しください。必要な手続きなどをご案内いたします。
  2. 指定作業場の設置、変更等の工事に着手する30日前までに「指定作業場設置(変更)届出書」を作成、提出してください。手数料は不要です。
  3. 原則として届出から30日を経過したら、設置、変更等の工事にとりかかれます。ただし、届出の内容について不適当な部分があり区から指導があった場合などは、その限りではありません。

関連PDFファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部生活環境保全課公害規制係

電話番号:03-3880-5304

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-hozen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?